remove_meta_box

(2.6.0以降)
remove_meta_box - 投稿ページのメタボックスを削除(非表示)する

説明

void remove_meta_box( string $id, string $page, string $context )
投稿ページのメタボックスを削除(非表示)する。

パラメータ

  • $id
    メタボックスであるdivタグのid属性値を指定。
  • $page
    投稿ページの種類として'post'、'page'、'link'の何れかを指定。
  • $context
    メタボックスの種別として'normal'、'advanced'の何れかを指定。

返り値

返り値はありません。

注意

この関数は管理者ページ専用なので、admin_initアクションで使用する(他に適切なアクションがあるかもしれないが)。

使用例

  • 投稿ページの作成者メタボックスを削除する。
    <?php
    add_action( 'admin_init', 'my_admin_init' );
    
    function my_admin_init() {
    	remove_meta_box( 'authordiv', 'post', 'normal' );
    }
    ?>

関連

  • add_meta_box - 投稿ページに独自のメタボックスを表示する

お勧めコンテンツ

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

最終更新日時 : 2011-08-25 12:57