remove_query_arg

(1.5.0以降)
remove_query_arg - クエリーURIからパラメータを削除する

説明

string remove_query_arg( mixed $key [ , bool $query = false ] )
クエリーURIからパラメータ(キー名=値)を削除する。

パラメータ

  • $key
    キー名またはその配列
  • $query
    クエリーURIを指定(省略時はfalse)

返り値

更新されたクエリーURIを返す。

注意

パラメータ$queryを省略した場合は、$_SERVER['REQUEST_URI']が更新対象となる。

使用例

  • $_SERVER['REQUEST_URI']からキー名's'のパラメータを削除する。
    <?php $new_uri = remove_query_arg( 's' ); ?>
  • $_SERVER['REQUEST_URI']からキー名's'と'paged'のパラメータを削除する。
    <?php $new_uri = remove_query_arg( array( 's', 'paged' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

最終更新日時 : 2015-12-13 10:51