remove_query_arg

(1.5.0以降)
remove_query_arg - クエリーURIからパラメータを削除する

説明

string remove_query_arg( mixed $key [ , bool $query = false ] )
クエリーURIからパラメータ(キー名=値)を削除する。

パラメータ

  • $key
    キー名またはその配列
  • $query
    クエリーURIを指定(省略時はfalse)

返り値

更新されたクエリーURIを返す。

注意

パラメータ$queryを省略した場合は、$_SERVER['REQUEST_URI']が更新対象となる。

使用例

  • $_SERVER['REQUEST_URI']からキー名's'のパラメータを削除する。
    <?php $new_uri = remove_query_arg( 's' ); ?>
  • $_SERVER['REQUEST_URI']からキー名's'と'paged'のパラメータを削除する。
    <?php $new_uri = remove_query_arg( array( 's', 'paged' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

最終更新日時 : 2015-12-13 10:51