remove_submenu_page

(3.1.0以降)
remove_submenu_page - サブメニューを削除する

説明

mixed remove_submenu_page( string $menu_slug, string $submenu_slug )
サブメニューを削除する。

パラメータ

  • $menu_slug
    メニューのスラッグ。
  • $submenu_slug
    サブメニューのスラッグ。

返り値

サブメニューを削除できた場合はそのメニュー情報を示す配列を返す。削除できなかった場合はfalseを返す。

注意

admin_menuアクションの中で使用することで、任意のサブメニューを削除(非表示)できる(admin_menuアクション以外で使用すると不具合が生じる)。

使用例

  • 投稿メニューのカテゴリーを削除する。
    <?php
    add_action('admin_menu', 'my_remove_menu');
    
    function my_remove_menu() {
    	remove_submenu_page( 'edit.php', 'edit-tags.php?taxonomy=category' );
    }
    ?>

関連

お勧めコンテンツ

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

最終更新日時 : 2011-06-23 16:41