remove_submenu_page

(3.1.0以降)
remove_submenu_page - サブメニューを削除する

説明

mixed remove_submenu_page( string $menu_slug, string $submenu_slug )
サブメニューを削除する。

パラメータ

  • $menu_slug
    メニューのスラッグ。
  • $submenu_slug
    サブメニューのスラッグ。

返り値

サブメニューを削除できた場合はそのメニュー情報を示す配列を返す。削除できなかった場合はfalseを返す。

注意

admin_menuアクションの中で使用することで、任意のサブメニューを削除(非表示)できる(admin_menuアクション以外で使用すると不具合が生じる)。

使用例

  • 投稿メニューのカテゴリーを削除する。
    <?php
    add_action('admin_menu', 'my_remove_menu');
    
    function my_remove_menu() {
    	remove_submenu_page( 'edit.php', 'edit-tags.php?taxonomy=category' );
    }
    ?>

関連

お勧めコンテンツ

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

最終更新日時 : 2011-06-23 16:41