remove_theme_support

(3.0.0以降)
remove_theme_support - 自テーマから機能を削除する

説明

bool remove_theme_support( string $feature )
自テーマに機能を削除する。

パラメータ

  • $feature
    機能名('automatic-feed-links', 'menus', 'post-thumbnails', 'custom-header', 'custom-background', 'editor-style', 'widgets' )。

返り値

削除できた場合はtrueを、削除できなかった場合はfalseを返す。

注意

'custom-background'、'custom-header'、'editor-style'、'widgets'、'menus'は削除できない(必ずfalseを返す)。

使用例

  • 投稿ページから「アイキャッチ画像」を削除する。
    <?php remove_theme_support( 'post-thumbnails' ) ?>

関連

お勧めコンテンツ

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

最終更新日時 : 2011-06-23 16:38