rewind_posts

(1.5.0以降)
rewind_posts - 投稿情報を巻き戻す

説明

void rewind_posts( )
the_post関数で進めた投稿情報を先頭まで巻き戻す。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

返り値はありません。

注意

トップページや検索結果、各種アーカイブページなどでは複数の投稿情報が読み込まれており、それらはthe_post関数で1件ずつ進めながら個々の投稿情報を参照・表示します。このrewind_posts関数はその進めた投稿情報を先頭まで巻き戻し、もう一度先頭の投稿情報へアクセスできるようにします。

使用例

  • 参照した投稿情報を先頭まで巻き戻す。
    <?php rewind_posts( ); ?>

関連

  • have_posts - 次の投稿データがあるか調べる
  • the_post - 投稿データをロードする
  • wp_reset_query - ページ呼び出し時のクエリ状態に戻す
  • $post - 投稿情報
  • $posts - ある条件でロードされた投稿情報配列

お勧めコンテンツ

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40