rewind_posts

(1.5.0以降)
rewind_posts - 投稿情報を巻き戻す

説明

void rewind_posts( )
the_post関数で進めた投稿情報を先頭まで巻き戻す。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

返り値はありません。

注意

トップページや検索結果、各種アーカイブページなどでは複数の投稿情報が読み込まれており、それらはthe_post関数で1件ずつ進めながら個々の投稿情報を参照・表示します。このrewind_posts関数はその進めた投稿情報を先頭まで巻き戻し、もう一度先頭の投稿情報へアクセスできるようにします。

使用例

  • 参照した投稿情報を先頭まで巻き戻す。
    <?php rewind_posts( ); ?>

関連

  • have_posts - 次の投稿データがあるか調べる
  • the_post - 投稿データをロードする
  • wp_reset_query - ページ呼び出し時のクエリ状態に戻す
  • $post - 投稿情報
  • $posts - ある条件でロードされた投稿情報配列

お勧めコンテンツ

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40