rewind_posts

(1.5.0以降)
rewind_posts - 投稿情報を巻き戻す

説明

void rewind_posts( )
the_post関数で進めた投稿情報を先頭まで巻き戻す。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

返り値はありません。

注意

トップページや検索結果、各種アーカイブページなどでは複数の投稿情報が読み込まれており、それらはthe_post関数で1件ずつ進めながら個々の投稿情報を参照・表示します。このrewind_posts関数はその進めた投稿情報を先頭まで巻き戻し、もう一度先頭の投稿情報へアクセスできるようにします。

使用例

  • 参照した投稿情報を先頭まで巻き戻す。
    <?php rewind_posts( ); ?>

関連

  • have_posts - 次の投稿データがあるか調べる
  • the_post - 投稿データをロードする
  • wp_reset_query - ページ呼び出し時のクエリ状態に戻す
  • $post - 投稿情報
  • $posts - ある条件でロードされた投稿情報配列

お勧めコンテンツ

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40