rewind_posts

(1.5.0以降)
rewind_posts - 投稿情報を巻き戻す

説明

void rewind_posts( )
the_post関数で進めた投稿情報を先頭まで巻き戻す。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

返り値はありません。

注意

トップページや検索結果、各種アーカイブページなどでは複数の投稿情報が読み込まれており、それらはthe_post関数で1件ずつ進めながら個々の投稿情報を参照・表示します。このrewind_posts関数はその進めた投稿情報を先頭まで巻き戻し、もう一度先頭の投稿情報へアクセスできるようにします。

使用例

  • 参照した投稿情報を先頭まで巻き戻す。
    <?php rewind_posts( ); ?>

関連

  • have_posts - 次の投稿データがあるか調べる
  • the_post - 投稿データをロードする
  • wp_reset_query - ページ呼び出し時のクエリ状態に戻す
  • $post - 投稿情報
  • $posts - ある条件でロードされた投稿情報配列

お勧めコンテンツ

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40