sanitize_bookmark_field

(2.3.0以降)
sanitize_bookmark_field - リンク情報の要素値をサニタイズする

説明

mixed sanitize_bookmark_field( string $field, mixed $value, int $bookmark_id, string $context )
リンク情報の要素値をサニタイズする。

パラメータ

  • $field
    リンク情報の要素(プロパティ)名を指定。指定できる名前は次の通り。
    要素(プロパティ)名意味
    link_idID
    link_urlウェブアドレス
    link_name名前
    link_image画像のアドレス
    link_targetリンクターゲット(''、'_top'、'_blank')
    link_description説明
    link_visible表示状態(表示の場合は'Y')
    link_ownerオーナーID
    link_rating評価(0~10)
    link_updated更新日時
    link_relrel
    link_notesメモ
    link_rssRSSのアドレス
    link_categoryリンクカテゴリーIDの配列
  • $value
    リンク情報の要素(プロパティ)値を指定。
  • $bookmark_id
    リンクIDを指定。
  • $context
    要素値の使用方法(フィルター名)を指定。
    使用方法(フィルター名)意味
    rawフィルター処理は行わない(生データ)
    edit編集向けのフィルター処理を行う
    attribute属性値向けフィルター処理を行う
    jsJavaScript向けフィルター処理を行う
    dbデータベース向けフィルター処理を行う
    display表示向けフィルター処理を行う

返り値

サニタイズしたリンク情報の要素値を返す。

注意

get_bookmark_field関数から呼び出される。

使用例

  • 'link_name'の値を表示用にサニタイズする。
    <?php $link = sanitize_bookmark_field( 'link_name', $link, $id, 'display' ); ?>

関連

  • esc_attr - HTMLタグ属性をエスケープする
  • esc_html - HTMLタグをエスケープする
  • esc_js - 文字列をインラインJavaScript向けにエスケープ処理する
  • get_bookmark_field - リンク情報の要素値を取得する

お勧めコンテンツ

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

最終更新日時 : 2011-06-11 20:53