sanitize_email

説明

string sanitize_email( string $email )
メールアドレスとして無効な文字を除外する。

パラメータ

  • $email
    メールアドレスを指定。

返り値

無効な文字を除外したメールアドレスを返す。無効な書式の場合は''を返す。


注意

本関数はプラグインやテーマで使用できるほか、標準で'pre_comment_author_email'、 'pre_user_email'、 'comment_author_email'、 'user_email'フィルターとして登録されている。

メールアドレスとして無効な文字を除外する前に書式のチェックが行われ、エラーが見つかった場合はその内容を示すメッセージを含めた'sanitize_email'フィルターを呼び出す。

$messageの内容意味
'email_too_short'$emailが6文字未満
'email_no_at'2文字目以降に'@'がない
'local_invalid_chars'ローカル部に有効な文字がない
'domain_period_sequence'ドメイン部から連続する'.'を除外すると有効な文字がない
'domain_period_limits'ドメイン部の先頭および末尾の空白文字と'.'を除外すると有効な文字がない
'domain_no_periods'ドメイン部が単独の'.'で区切られていない
'domain_no_valid_subs'ドメイン部に第2レベルドメインがない

使用例

  • 変数$emailについてメールアドレスとして無効な文字を除外する。
    <?php $sanitized_email = sanitize_email( $email ); ?>

フィルター

[2.8.0]メールアドレスを返す前に'sanitize_email'フィルターを呼び出す。パラメータ$sanitized_emailには無効な文字を除外したメールアドレス(書式が無効な場合は'')が、$emailには本関数が受け取った内容が、$messageにはnull(書式が無効な場合はその旨を示す文字列)が格納されている。
return apply_filters( 'sanitize_email', $sanitized_email, $email, $message );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

最終更新 : 2019年04月24日 16:12



お勧め

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2018年5月27日 更新)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 更新)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

5.5の機能強化:テーマ変更時に要求バージョンを確認(2020年8月12日 更新)

WordPress 5.5 RC 2が公開され、来週には正式版がリリース。変更箇所が多い「WordPress 5.5 RC 2(以降RC 2)」のソースコードを眺めていると、テーマの切り替え前にWordPressとPHPのバージョンを確認するようになっていた。

サイトヘルス機能を使ってみた(2019年4月12日 更新)

先月末にWordPress 5.2 Beta1が、今日はWordPress 5.2 Beta2(以降5.2Beta2)が公開された。5.2ではブロックエディターの機能が強化され、サイトの安全性とパフォーマンス向上に役立つとされるサイトヘルス機能が追加される。

ブロックエディターで編集したページが出力した余分な改行を削除(2019年2月22日 更新)

ブロックエディターで編集したページのHTMLソースは、投稿本文部分の改行が目立った。Webページとしての表示は問題ないのだが、データとしては不要なので削除することにした。