sanitize_email

説明

string sanitize_email( string $email )
メールアドレスとして無効な文字を除外する。

パラメータ

  • $email
    メールアドレスを指定。

返り値

無効な文字を除外したメールアドレスを返す。無効な書式の場合は''を返す。


注意

本関数はプラグインやテーマで使用できるほか、標準で'pre_comment_author_email'、 'pre_user_email'、 'comment_author_email'、 'user_email'フィルターとして登録されている。

メールアドレスとして無効な文字を除外する前に書式のチェックが行われ、エラーが見つかった場合はその内容を示すメッセージを含めた'sanitize_email'フィルターを呼び出す。

$messageの内容意味
'email_too_short'$emailが6文字未満
'email_no_at'2文字目以降に'@'がない
'local_invalid_chars'ローカル部に有効な文字がない
'domain_period_sequence'ドメイン部から連続する'.'を除外すると有効な文字がない
'domain_period_limits'ドメイン部の先頭および末尾の空白文字と'.'を除外すると有効な文字がない
'domain_no_periods'ドメイン部が単独の'.'で区切られていない
'domain_no_valid_subs'ドメイン部に第2レベルドメインがない

使用例

  • 変数$emailについてメールアドレスとして無効な文字を除外する。
    <?php $sanitized_email = sanitize_email( $email ); ?>

フィルター

[2.8.0]メールアドレスを返す前に'sanitize_email'フィルターを呼び出す。パラメータ$sanitized_emailには無効な文字を除外したメールアドレス(書式が無効な場合は'')が、$emailには本関数が受け取った内容が、$messageにはnull(書式が無効な場合はその旨を示す文字列)が格納されている。
return apply_filters( 'sanitize_email', $sanitized_email, $email, $message );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

最終更新 : 2019年04月24日 16:12



お勧め

get_postsとquery_postsを使い分け(2018年5月27日 更新)

get_posts query_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 更新)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

ログインページのタイトルを変更してみる(2018年5月27日 更新)

バージョン4.9では新しいフィルターやフィルターのパラメータの追加が多数行われている。ここではその一例としてログインページ関連で追加された2つのフィルターを紹介する。

Login rebuilder 2.4.1の新機能紹介(2018年12月10日 更新)

少し前にLogin rebuilderをアップデートし、oEmbedに関連する情報を制限できる機能を追加。この機能は、oEmbed関連情報によってユーザーIDが類推されることを防ぐことが目的としている。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2018年5月27日 更新)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。