sanitize_email

説明

string sanitize_email( string $email )
メールアドレスとして無効な文字を除外する。

パラメータ

  • $email
    メールアドレスを指定。

返り値

無効な文字を除外したメールアドレスを返す。無効な書式の場合は''を返す。


注意

本関数はプラグインやテーマで使用できるほか、標準で'pre_comment_author_email'、 'pre_user_email'、 'comment_author_email'、 'user_email'フィルターとして登録されている。

メールアドレスとして無効な文字を除外する前に書式のチェックが行われ、エラーが見つかった場合はその内容を示すメッセージを含めた'sanitize_email'フィルターを呼び出す。

$messageの内容意味
'email_too_short'$emailが6文字未満
'email_no_at'2文字目以降に'@'がない
'local_invalid_chars'ローカル部に有効な文字がない
'domain_period_sequence'ドメイン部から連続する'.'を除外すると有効な文字がない
'domain_period_limits'ドメイン部の先頭および末尾の空白文字と'.'を除外すると有効な文字がない
'domain_no_periods'ドメイン部が単独の'.'で区切られていない
'domain_no_valid_subs'ドメイン部に第2レベルドメインがない

使用例

  • 変数$emailについてメールアドレスとして無効な文字を除外する。
    <?php $sanitized_email = sanitize_email( $email ); ?>

フィルター

[2.8.0]メールアドレスを返す前に'sanitize_email'フィルターを呼び出す。パラメータ$sanitized_emailには無効な文字を除外したメールアドレス(書式が無効な場合は'')が、$emailには本関数が受け取った内容が、$messageにはnull(書式が無効な場合はその旨を示す文字列)が格納されている。
return apply_filters( 'sanitize_email', $sanitized_email, $email, $message );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

最終更新 : 2019年04月24日 16:12



お勧め

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 更新)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 更新)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

5.7の機能拡張:投稿一覧画面向けのフィルター(2021年2月18日 更新)

昨日、予定通り公開された「WordPress 5.7 Beta 3(以降Beta 3)」。WordPressはバージョンアップ毎にアクションやフィルターが追加されており、今回のバージョンアップでは投稿一覧画面に影響を与えるフィルターが追加されていた。

Login rebuilder 2.6.0の新機能紹介(2019年4月22日 更新)

今回追加したものは、REST API / Usersの使用をログイン時のみ使用できるように制限する機能である。この機能を有効にすることで、管理者情報が漏洩するリスクを低減させる効果が期待できる。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 更新)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。