sanitize_hex_color_no_hash

(3.4.0以降)
sanitize_hex_color_no_hash - '#'のついていない16進数のカラー値をサニタイズする

説明

string sanitize_hex_color_no_hash( $color )
'#'のついていない16進数のカラー値をサニタイズする。

パラメータ

  • $color
    16進数のカラー値を指定。

返り値

パラメータ$colorが''または有効な16進数のカラー値の場合はそのまま返す。それ以外はnullを返す。

注意

有効なカラー値は、'000'~'fff'または'000000'~'ffffff'である(英大文字も可)。

使用例

  • 変数$colorの値をサニタイズする。
    <?php $color = sanitize_hex_color_no_hash( $color ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/class-wp-customize-manager.php

関連

お勧めコンテンツ

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

最終更新日時 : 2012-06-14 18:39