sanitize_html_class

(2.8.0以降)
sanitize_html_class - HTMLのクラス名向けにサニタイズする

説明

string sanitize_html_class( string $class [ , string $fallback = '' ] )
HTMLのクラス名向けにサニタイズする。

パラメータ

  • $class
    クラス名を指定。
  • $fallback
    サニタイズした結果が空になった場合に代替となるクラス名を指定(省略時は'')。

返り値

サニタイズしたクラス名を返す。

注意

パラメータ$classに日本語のURLエンコードしたものが含まれる場合、それらは除外される。例えば'未分類'カテゴリーのスラッグは'%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e'となるが、これを本関数でサニタイズした場合の返り値は''となる。

パラメータ$fallbackはサニタイズされないので、クラス名として有効なもの(半角英数字、_、-の組み合わせ)を指定しなければならない。

使用例

  • $categoryのslugプロパティをHTMLのクラス名向けにサニタイズする。
    <?php $class = sanitize_html_class( $category->slug ); ?>
  • $categoryのslugプロパティをHTMLのクラス名向けにサニタイズする。slugプロパティが無効な内容の場合はidとする。
    <?php $class = sanitize_html_class( $category->slug, $category->id ); ?>

フィルター

サニタイズしたクラス名を返す直前に'sanitize_html_class'フィルターを呼び出す。パラメータ$sanitizedにはサニタイズしたクラス名が、その他のパラメータには本関数が受け取った値となる。
return apply_filters( 'sanitize_html_class', $sanitized, $class, $fallback );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

  • body_class - bodyタグのclass属性を表示する

お勧めコンテンツ

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

最終更新日時 : 2014-01-13 17:05