sanitize_html_class

(2.8.0以降)
sanitize_html_class - HTMLのクラス名向けにサニタイズする

説明

string sanitize_html_class( string $class [ , string $fallback = '' ] )
HTMLのクラス名向けにサニタイズする。

パラメータ

  • $class
    クラス名を指定。
  • $fallback
    サニタイズした結果が空になった場合に代替となるクラス名を指定(省略時は'')。

返り値

サニタイズしたクラス名を返す。

注意

パラメータ$classに日本語のURLエンコードしたものが含まれる場合、それらは除外される。例えば'未分類'カテゴリーのスラッグは'%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e'となるが、これを本関数でサニタイズした場合の返り値は''となる。

パラメータ$fallbackはサニタイズされないので、クラス名として有効なもの(半角英数字、_、-の組み合わせ)を指定しなければならない。

使用例

  • $categoryのslugプロパティをHTMLのクラス名向けにサニタイズする。
    <?php $class = sanitize_html_class( $category->slug ); ?>
  • $categoryのslugプロパティをHTMLのクラス名向けにサニタイズする。slugプロパティが無効な内容の場合はidとする。
    <?php $class = sanitize_html_class( $category->slug, $category->id ); ?>

フィルター

サニタイズしたクラス名を返す直前に'sanitize_html_class'フィルターを呼び出す。パラメータ$sanitizedにはサニタイズしたクラス名が、その他のパラメータには本関数が受け取った値となる。
return apply_filters( 'sanitize_html_class', $sanitized, $class, $fallback );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

  • body_class - bodyタグのclass属性を表示する

お勧めコンテンツ

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2014-01-13 17:05