sanitize_html_class

説明

string sanitize_html_class( string $class [ , string $fallback = '' ] )
HTMLのクラス名向けにサニタイズする。

パラメータ

  • $class
    クラス名を指定。
  • $fallback
    サニタイズした結果が空になった場合に代替となるクラス名を指定(省略時は'')。

返り値

サニタイズしたクラス名を返す。

注意

パラメータ$classに日本語のURLエンコードしたものが含まれる場合、それらは除外される。例えば'未分類'カテゴリーのスラッグは'%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e'となるが、これを本関数でサニタイズした場合の返り値は''となる。

パラメータ$fallbackはサニタイズされないので、クラス名として有効なもの(半角英数字、_、-の組み合わせ)を指定しなければならない。


使用例

  • $categoryのslugプロパティをHTMLのクラス名向けにサニタイズする。
    <?php $class = sanitize_html_class( $category->slug ); ?>
  • $categoryのslugプロパティをHTMLのクラス名向けにサニタイズする。slugプロパティが無効な内容の場合はidとする。
    <?php $class = sanitize_html_class( $category->slug, $category->id ); ?>

フィルター

サニタイズしたクラス名を返す直前に'sanitize_html_class'フィルターを呼び出す。パラメータ$sanitizedにはサニタイズしたクラス名が、その他のパラメータには本関数が受け取った値となる。
return apply_filters( 'sanitize_html_class', $sanitized, $class, $fallback );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

最終更新 : 2014年01月13日 17:05



お勧め

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 更新)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

LevelとCapability(2018年5月27日 更新)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 更新)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 更新)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

WordPressのコーディングスタンダードとPSR-2がかみ合わない(2018年5月27日 更新)

先日パソコンのストレージを換装して開発環境を再構築。エディタのEclipseは「Neon(4.6)」から「Oxygen(4.7)」へ切り替わった。コードを書き始めるとそこはかとなく違和感があり、調べていくとPHPの「Code Style(Formatter)」が「PSR-2」に設定されていることが原因だった。