sanitize_key

(3.0.0以降)
sanitize_key - サイト内識別子向けにサニタイズする

説明

string sanitize_key( string $key )
サイト内識別子向けにサニタイズする。

パラメータ

  • $key
    サイト内識別子用の文字列を指定。

返り値

サイト内識別子としてふさわしくない文字を除外したものを返す。

注意

WordPressでは投稿タイプ名のようなサイト内で使用する識別子において使用できる文字を限定しており、この関数ではサイト内識別子として無効な文字を除外する。標準ではパラメータ$keyの内容はまず英大文字を英小文字に一括変換し、その後で英小文字、数字、アンダーバー(_)、ハイフン(_)以外の文字が取り除かれる。

使用例

  • 変数$keyをサイト内識別子向けにサニタイズする。
    $key = sanitize_key( $key ) ?>

フィルター

[3.0.0]サニタイズされた内容を返す直前に'sanitize_key'フィルターを呼び出す。パラメータ$keyにはサニタイズされた内容が、$raw_keyには本関数が受け取ったパラメータの内容が格納されている。
return apply_filters( 'sanitize_key', $key, $raw_key );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

お勧めコンテンツ

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

最終更新日時 : 2016-08-10 13:48