sanitize_key

(3.0.0以降)
sanitize_key - サイト内識別子向けにサニタイズする

説明

string sanitize_key( string $key )
サイト内識別子向けにサニタイズする。

パラメータ

  • $key
    サイト内識別子用の文字列を指定。

返り値

サイト内識別子としてふさわしくない文字を除外したものを返す。

注意

WordPressでは投稿タイプ名のようなサイト内で使用する識別子において使用できる文字を限定しており、この関数ではサイト内識別子として無効な文字を除外する。標準ではパラメータ$keyの内容はまず英大文字を英小文字に一括変換し、その後で英小文字、数字、アンダーバー(_)、ハイフン(_)以外の文字が取り除かれる。

使用例

  • 変数$keyをサイト内識別子向けにサニタイズする。
    $key = sanitize_key( $key ) ?>

フィルター

[3.0.0]サニタイズされた内容を返す直前に'sanitize_key'フィルターを呼び出す。パラメータ$keyにはサニタイズされた内容が、$raw_keyには本関数が受け取ったパラメータの内容が格納されている。
return apply_filters( 'sanitize_key', $key, $raw_key );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

お勧めコンテンツ

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

最終更新日時 : 2016-08-10 13:48