sanitize_title

(1.0.0以降)
sanitize_title - タイトルから無効な文字を除外する

説明

string sanitize_title( string $title [ , string $fallback_title = '' [ , string $context = 'save' ] ] )
タイトルから無効な文字を除外する。

パラメータ

  • $title
    タイトルを指定。
  • $fallback_title
    無効な文字を除外した結果が''になる場合もタイトルを指定(省略時は'')。
  • $context
    コンテキスト('save'など)を指定(省略時は'save')。

返り値

パラメータ$titleから無効な文字を除外した文字列を返す。

注意

パラメータ$contextが'save'の場合は、remove_accents関数によってアクセント文字の差し替えが行われる。

使用例

  • タイトルから無効な文字を除外する。
    <?php $post_name = sanitize_title( $post->post_title ); ?>
  • タイトルから無効な文字を除外する。
    <?php $post_name = sanitize_title( $post->post_title, 'no-title' ); ?>

フィルター

'sanitize_title'フィルターを呼び出す。パラメータ$titleには処理済みの文字列が、$raw_titleには本関数のパラメータ$titleの内容がが格納される。
$title = apply_filters( 'sanitize_title', $title, $raw_title, $context );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

お勧めコンテンツ

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

最終更新日時 : 2016-12-14 14:29