selected

(1.0.0以降)
selected - selected属性を表示する

説明

string selected( mixed $selected [ , mixed $current = true [ , bool $echo = true ] ] )
HTMLのselected属性を表示する。パラメータ$echoにfalseを指定した場合は表示しない。

パラメータ

  • $selected
    selected属性を表示するか調べる変数(または条件)を指定。
  • $current
    パラメータ$selectedと比較する値(省略時はtrue)。
  • $echo
    selected属性を表示する場合はtrue、表示しない場合はfalseを指定(省略時はtrue)。

返り値

パラメータ$selectedがパラメータ$currentと一致する場合は" selected='selected'"を、一致しない場合は''を返す。

注意

出力されるselected属性の前に半角スペースが入る。

使用例

  • $_GET['engine']が'1000'の場合、optionタグにselected属性を表示する。
    <option<?php selected( $_GET['engine'], '1000' ); ?> value="1000">1000ccクラス</option>

関連

  • checked - checked属性を表示する
  • disabled - disabled属性を表示する
  • readonly - readonly属性を表示する

お勧めコンテンツ

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

最終更新日時 : 2017-11-16 14:15