selected

(1.0.0以降)
selected - selected属性を表示する

説明

string selected( mixed $selected [ , mixed $current = true [ , bool $echo = true ] ] )
HTMLのselected属性を表示する。パラメータ$echoにfalseを指定した場合は表示しない。

パラメータ

  • $selected
    selected属性を表示するか調べる変数(または条件)を指定。
  • $current
    パラメータ$selectedと比較する値(省略時はtrue)。
  • $echo
    selected属性を表示する場合はtrue、表示しない場合はfalseを指定(省略時はtrue)。

返り値

パラメータ$selectedがパラメータ$currentと一致する場合は" selected='selected'"を、一致しない場合は''を返す。

注意

出力されるselected属性の前に半角スペースが入る。

使用例

  • $_GET['engine']が'1000'の場合、optionタグにselected属性を表示する。
    <option<?php selected( $_GET['engine'], '1000' ); ?> value="1000">1000ccクラス</option>

関連

  • checked - checked属性を表示する
  • disabled - disabled属性を表示する

お勧めコンテンツ

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

最終更新日時 : 2011-06-23 16:34