self_admin_url

(3.1.0以降)
self_admin_url - 管理者ページのURLを取得する(マルチサイト対応)

説明

string self_admin_url( [ string $path = '' [ , string $scheme = 'admin' ] ] )
管理者ページのURLを取得する(マルチサイト対応)。

パラメータ

  • $path
    ページ名を指定(省略時は'')。
  • $scheme
    スキーマ名を指定(省略時は'admin')。

返り値

管理者ページのURLを返す。

注意

マルチサイトに対応しており、自動的にネットワーク管理者ページ、ユーザ管理者ページのURLへ切り替える。

使用例

  • ダッシュボードページのURLを取得する。
    <?php $url = self_admin_url(); ?>
  • 投稿一覧ページのURLを取得する。
    <?php $url = self_admin_url( 'edit.php' ); ?>
  • スキーマを指定して投稿一覧ページのURLを取得する。
    <?php $url = self_admin_url( 'edit.php', 'https' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

  • admin_url - 管理者ページのURLを取得する
  • get_edit_user_link - ユーザ情報ページのURLを取得する
  • is_network_admin - リクエストページがネットワーク管理者ページか調べる
  • is_user_admin - リクエストページがユーザ管理者ページか調べる

お勧めコンテンツ

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

最終更新日時 : 2012-12-12 11:14