self_admin_url

(3.1.0以降)
self_admin_url - 管理者ページのURLを取得する(マルチサイト対応)

説明

string self_admin_url( [ string $path = '' [ , string $scheme = 'admin' ] ] )
管理者ページのURLを取得する(マルチサイト対応)。

パラメータ

  • $path
    ページ名を指定(省略時は'')。
  • $scheme
    スキーマ名を指定(省略時は'admin')。

返り値

管理者ページのURLを返す。

注意

マルチサイトに対応しており、自動的にネットワーク管理者ページ、ユーザ管理者ページのURLへ切り替える。

[4.9.0]'self_admin_url'フィルターが追加された。

使用例

  • ダッシュボードページのURLを取得する。
    <?php $url = self_admin_url(); ?>
  • 投稿一覧ページのURLを取得する。
    <?php $url = self_admin_url( 'edit.php' ); ?>
  • スキーマを指定して投稿一覧ページのURLを取得する。
    <?php $url = self_admin_url( 'edit.php', 'https' ); ?>

フィルター

[4.9.0]URLを返す前に'self_admin_url'フィルターを呼び出す。パラメータ$urlにはURLが、$pathおよび$schemeには本関数が受け取った内容が格納される。
return apply_filters( 'self_admin_url', $url, $path, $scheme );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

  • admin_url - 管理者ページのURLを取得する
  • get_edit_user_link - ユーザ情報ページのURLを取得する
  • is_network_admin - リクエストページがネットワーク管理者ページか調べる
  • is_user_admin - リクエストページがユーザ管理者ページか調べる

お勧めコンテンツ

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

最終更新日時 : 2017-11-16 13:59