self_admin_url

(3.1.0以降)
self_admin_url - 管理者ページのURLを取得する(マルチサイト対応)

説明

string self_admin_url( [ string $path = '' [ , string $scheme = 'admin' ] ] )
管理者ページのURLを取得する(マルチサイト対応)。

パラメータ

  • $path
    ページ名を指定(省略時は'')。
  • $scheme
    スキーマ名を指定(省略時は'admin')。

返り値

管理者ページのURLを返す。

注意

マルチサイトに対応しており、自動的にネットワーク管理者ページ、ユーザ管理者ページのURLへ切り替える。

使用例

  • ダッシュボードページのURLを取得する。
    <?php $url = self_admin_url(); ?>
  • 投稿一覧ページのURLを取得する。
    <?php $url = self_admin_url( 'edit.php' ); ?>
  • スキーマを指定して投稿一覧ページのURLを取得する。
    <?php $url = self_admin_url( 'edit.php', 'https' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

  • admin_url - 管理者ページのURLを取得する
  • get_edit_user_link - ユーザ情報ページのURLを取得する
  • is_network_admin - リクエストページがネットワーク管理者ページか調べる
  • is_user_admin - リクエストページがユーザ管理者ページか調べる

お勧めコンテンツ

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2017年9月26日 登録)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

最終更新日時 : 2012-12-12 11:14