self_admin_url

(3.1.0以降)
self_admin_url - 管理者ページのURLを取得する(マルチサイト対応)

説明

string self_admin_url( [ string $path = '' [ , string $scheme = 'admin' ] ] )
管理者ページのURLを取得する(マルチサイト対応)。

パラメータ

  • $path
    ページ名を指定(省略時は'')。
  • $scheme
    スキーマ名を指定(省略時は'admin')。

返り値

管理者ページのURLを返す。

注意

マルチサイトに対応しており、自動的にネットワーク管理者ページ、ユーザ管理者ページのURLへ切り替える。

[4.9.0]'self_admin_url'フィルターが追加された。

使用例

  • ダッシュボードページのURLを取得する。
    <?php $url = self_admin_url(); ?>
  • 投稿一覧ページのURLを取得する。
    <?php $url = self_admin_url( 'edit.php' ); ?>
  • スキーマを指定して投稿一覧ページのURLを取得する。
    <?php $url = self_admin_url( 'edit.php', 'https' ); ?>

フィルター

[4.9.0]URLを返す前に'self_admin_url'フィルターを呼び出す。パラメータ$urlにはURLが、$pathおよび$schemeには本関数が受け取った内容が格納される。
return apply_filters( 'self_admin_url', $url, $path, $scheme );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

  • admin_url - 管理者ページのURLを取得する
  • get_edit_user_link - ユーザ情報ページのURLを取得する
  • is_network_admin - リクエストページがネットワーク管理者ページか調べる
  • is_user_admin - リクエストページがユーザ管理者ページか調べる

お勧めコンテンツ

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

最終更新日時 : 2017-11-16 13:59