send_origin_headers

(3.4.0以降)
send_origin_headers - リクエスト元に応じてAccess-Control-Allow-Originヘッダーを送信する

説明

mixed send_origin_headers()
リクエスト元に応じてAccess-Control-Allow-Originヘッダーを送信する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

AJAXレスポンスの送信時に使用する。リクエスト元が有効かつメソッドが'OPTIONS'以外の場合は、リクエスト元のオリジンを返す。リクエスト元が無効な場合は、メソッドが'OPTIONS'の場合はexitで終了し、それ以外はfalseを返す。

注意

is_allowed_http_origin関数を使ってリクエスト元が有効か調べ、リクエスト元が有効かつメソッドが'OPTIONS'以外の場合は、Access-Control-Allow-OriginおよびAccess-Control-Allow-Credentialsヘッダーを送信している。

使用例

  • リクエスト元に応じてAccess-Control-Allow-Originヘッダーを送信する。
    <?php send_origin_headers(); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/http.php

関連

お勧めコンテンツ

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

最終更新日時 : 2014-10-29 14:20