set_post_thumbnail_size

(2.9.0以降)
set_post_thumbnail_size - アイキャッチ画像のサイズを設定する

説明

void set_post_thumbnail_size( [ int $width = 0 [ , int $height = 0 [ , bool $crop = false ] ] ] )
アイキャッチ画像のサイズを設定する。

パラメータ

  • $width
    アイキャッチ画像の幅を指定(省略時は0)。
  • $height
    アイキャッチ画像の高さを指定(省略時は0)。
  • $crop
    縮小時に切り抜きする場合はtrue、しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

返り値はありません。

注意

内部ではすぐにadd_image_size関数が呼び出され、'post-thumbnail'という名前でアイキャッチ画像のサイズを登録している。 なおパラメータ$cropは正しく動作していない可能性がある。

使用例

  • アイキャッチ画像を幅100ピクセルで設定する。
    <?php set_post_thumbnail_size( 100 ); ?>
  • アイキャッチ画像を幅100ピクセル、高さ75ピクセルで設定する。
    <?php set_post_thumbnail_size( 100, 75 ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

最終更新日時 : 2014-07-13 20:08