set_url_scheme

(3.4.0以降)
set_url_scheme - URLにスキーマをセットする

説明

string set_url_scheme( string $url, string $scheme = null )
URLに適正なスキーマをセットする。

パラメータ

  • $url
    URLを指定。
  • $scheme
    スキーマとして'http'、'https'、'login'、'login_post'、'admin'、'relative'、'rest'、'rpc'の何れかを指定(省略時はnull)。

返り値

適正なスキーマをセットしたURLを返す。

注意

パラメータ$urlはスキーマ部を省略した'//'から開まるものも指定できる。

パラメータ$schemeがnullの場合は、is_ssl関数がtrueの場合は'https'が、falseの場合は'http'が適用される。
パラメータ$schemeが'admin'、'login'、'login_post'、'rpc'の何れかの場合は、is_sslかforce_ssl_admin関数のどちらかがtrueの場合に'https'が、どちらもfalseの場合は'http'が適用される。
パラメータ$schemeが上記以外でかつ'http'、'https'、'relative'の何れでもない場合もis_ssl関数の結果に応じて'https'または'http'が適用される。

[4.4.0]パラメータ$schemeに'rest'が追加された。

使用例

  • URLにスキーマをセットする。
    $url = set_url_scheme( $url ); ?>
  • URLに'admin'向けのスキーマをセットする。
    $url = set_url_scheme( $url, 'admin' ); ?>

フィルター

[3.4.0]スキーマをセットしたURLを返す前に'set_url_scheme'フィルターを呼び出す。パラメータ$urlはスキーマをセットしたURLが、$schemeには'https'、'http'、'relative'の何れかが、$orig_schemeには本関数が受け取った$schemeの値が格納される。
return apply_filters( 'set_url_scheme', $url, $scheme, $orig_scheme );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-tenplate.php

関連

  • force_ssl_admin - 管理者ページのリクエストをSSLのみに制限にする
  • force_ssl_login - ログインページのリクエストをSSLのみに制限にする
  • is_ssl - リクエストがSSLかどうか調べる

お勧めコンテンツ

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

最終更新日時 : 2016-03-09 14:19