setup_postdata

(1.5.0以降)
setup_postdata - 投稿記事に関連するグローバル変数を設定する

説明

bool setup_postdata( stdClass $post )
投稿記事に関連するグローバル変数を設定する。

パラメータ

  • $post
    投稿記事のオブジェクトを指定。

返り値

常にtrueを返す。

注意

query_posts関数やget_posts関数、WP_Queryクラスを使って投稿記事を取得した後のループ処理にて、the_post関数やwp_reset_postdata関数を使うことでこのsetup_postdata関数が呼び出され、関連するグローバル変数が更新される。
グローバル変数データ型意味
$idint投稿ID
$authordatastdClass投稿者情報(オブジェクト)
$currentdaystring投稿日(書式「日.月.年(2桁)」)
$currentmonthstring投稿月
$pageintページ番号
$pagesarrayページ分割処理後の投稿記事テキストの配列
$multipageintページ分割数
$moreint単一記事またはフィードの場合か、$pageが1より大きい場合は1
$numpagesintページ分割している場合は1、分割していない場合は0
$pagesは投稿記事中の<!--nextpage-->コメントによって分割されたテキストが入る。

使用例

  • 投稿記事$acat_postのグローバル変数を設定する。
    <?php setup_postdata( $acat_post ); ?>

関連

  • get_posts - 条件にマッチする投稿情報を取得する
  • get_userdata - ユーザIDを指定し、マッチするユーザ情報を取得する
  • is_new_day - 現在の投稿記事の投稿日が直前の投稿記事と同じか調べる
  • mysql2date - MySQLの日時情報を変換する
  • query_posts - 条件を指定して投稿情報をロードする
  • the_date - 投稿データの投稿日を表示する
  • the_post - 投稿データをロードする
  • wp_reset_postdata - 投稿記事をリセットする
  • $authordata - 現在の投稿者情報
  • $id - 現在の投稿情報ID

お勧めコンテンツ

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40