setup_postdata

(1.5.0以降)
setup_postdata - 投稿記事に関連するグローバル変数を設定する

説明

bool setup_postdata( stdClass $post )
投稿記事に関連するグローバル変数を設定する。

パラメータ

  • $post
    投稿記事のオブジェクトを指定。

返り値

常にtrueを返す。

注意

query_posts関数やget_posts関数、WP_Queryクラスを使って投稿記事を取得した後のループ処理にて、the_post関数やwp_reset_postdata関数を使うことでこのsetup_postdata関数が呼び出され、関連するグローバル変数が更新される。
グローバル変数データ型意味
$idint投稿ID
$authordatastdClass投稿者情報(オブジェクト)
$currentdaystring投稿日(書式「日.月.年(2桁)」)
$currentmonthstring投稿月
$pageintページ番号
$pagesarrayページ分割処理後の投稿記事テキストの配列
$multipageintページ分割数
$moreint単一記事またはフィードの場合か、$pageが1より大きい場合は1
$numpagesintページ分割している場合は1、分割していない場合は0
$pagesは投稿記事中の<!--nextpage-->コメントによって分割されたテキストが入る。

使用例

  • 投稿記事$acat_postのグローバル変数を設定する。
    <?php setup_postdata( $acat_post ); ?>

関連

  • get_posts - 条件にマッチする投稿情報を取得する
  • get_userdata - ユーザIDを指定し、マッチするユーザ情報を取得する
  • is_new_day - 現在の投稿記事の投稿日が直前の投稿記事と同じか調べる
  • mysql2date - MySQLの日時情報を変換する
  • query_posts - 条件を指定して投稿情報をロードする
  • the_date - 投稿データの投稿日を表示する
  • the_post - 投稿データをロードする
  • wp_reset_postdata - 投稿記事をリセットする
  • $authordata - 現在の投稿者情報
  • $id - 現在の投稿情報ID

お勧めコンテンツ

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40