setup_postdata

(1.5.0以降)
setup_postdata - 投稿記事に関連するグローバル変数を設定する

説明

bool setup_postdata( stdClass $post )
投稿記事に関連するグローバル変数を設定する。

パラメータ

  • $post
    投稿記事のオブジェクトを指定。

返り値

常にtrueを返す。

注意

query_posts関数やget_posts関数、WP_Queryクラスを使って投稿記事を取得した後のループ処理にて、the_post関数やwp_reset_postdata関数を使うことでこのsetup_postdata関数が呼び出され、関連するグローバル変数が更新される。
グローバル変数データ型意味
$idint投稿ID
$authordatastdClass投稿者情報(オブジェクト)
$currentdaystring投稿日(書式「日.月.年(2桁)」)
$currentmonthstring投稿月
$pageintページ番号
$pagesarrayページ分割処理後の投稿記事テキストの配列
$multipageintページ分割数
$moreint単一記事またはフィードの場合か、$pageが1より大きい場合は1
$numpagesintページ分割している場合は1、分割していない場合は0
$pagesは投稿記事中の<!--nextpage-->コメントによって分割されたテキストが入る。

使用例

  • 投稿記事$acat_postのグローバル変数を設定する。
    <?php setup_postdata( $acat_post ); ?>

関連

  • get_posts - 条件にマッチする投稿情報を取得する
  • get_userdata - ユーザIDを指定し、マッチするユーザ情報を取得する
  • is_new_day - 現在の投稿記事の投稿日が直前の投稿記事と同じか調べる
  • mysql2date - MySQLの日時情報を変換する
  • query_posts - 条件を指定して投稿情報をロードする
  • the_date - 投稿データの投稿日を表示する
  • the_post - 投稿データをロードする
  • wp_reset_postdata - 投稿記事をリセットする
  • $authordata - 現在の投稿者情報
  • $id - 現在の投稿情報ID

お勧めコンテンツ

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40