shortcode_atts

(2.5.0以降)
shortcode_atts - ショートコードの無効な属性値を除外する

説明

array shortcode_atts( array $pairs, array $atts )
ショートコードの無効な属性値を除外する。属性が省略されている場合は、デフォルト値を設定する。

パラメータ

  • $pairs
    有効な属性値の連想配列。キーは属性名、値にはデフォルト値を指定。
  • $atts
    投稿記事のショートコードで指定された属性情報。

返り値

有効な属性とその値が格納された連想配列を返す。

注意

多くの場合、連想配列を個別の変数に変換するextract関数と組み合わせて、ショートコードに対応したテキストを生成する関数の冒頭で使用する。

使用例

  • 有効な属性'target'を$targetへ格納する。
    <?php
    function tag_func( $atts, $content='' ) {
    	extract( shortcode_atts( array(
    		'target' => '_self',
    		), $atts ) );
    ?>

関連

お勧めコンテンツ

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

最終更新日時 : 2010-11-12 16:30