shortcode_atts

(2.5.0以降)
shortcode_atts - ショートコードの無効な属性値を除外する

説明

array shortcode_atts( array $pairs, array $atts )
ショートコードの無効な属性値を除外する。属性が省略されている場合は、デフォルト値を設定する。

パラメータ

  • $pairs
    有効な属性値の連想配列。キーは属性名、値にはデフォルト値を指定。
  • $atts
    投稿記事のショートコードで指定された属性情報。

返り値

有効な属性とその値が格納された連想配列を返す。

注意

多くの場合、連想配列を個別の変数に変換するextract関数と組み合わせて、ショートコードに対応したテキストを生成する関数の冒頭で使用する。

使用例

  • 有効な属性'target'を$targetへ格納する。
    <?php
    function tag_func( $atts, $content='' ) {
    	extract( shortcode_atts( array(
    		'target' => '_self',
    		), $atts ) );
    ?>

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2010-11-12 16:30