shortcode_atts

(2.5.0以降)
shortcode_atts - ショートコードの無効な属性値を除外する

説明

array shortcode_atts( array $pairs, array $atts )
ショートコードの無効な属性値を除外する。属性が省略されている場合は、デフォルト値を設定する。

パラメータ

  • $pairs
    有効な属性値の連想配列。キーは属性名、値にはデフォルト値を指定。
  • $atts
    投稿記事のショートコードで指定された属性情報。

返り値

有効な属性とその値が格納された連想配列を返す。

注意

多くの場合、連想配列を個別の変数に変換するextract関数と組み合わせて、ショートコードに対応したテキストを生成する関数の冒頭で使用する。

使用例

  • 有効な属性'target'を$targetへ格納する。
    <?php
    function tag_func( $atts, $content='' ) {
    	extract( shortcode_atts( array(
    		'target' => '_self',
    		), $atts ) );
    ?>

関連

お勧めコンテンツ

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

最終更新日時 : 2010-11-12 16:30