shortcode_exists

(3.6.0以降)
shortcode_exists - ショートコードが登録されているか調べる

説明

bool shortcode_exists( $tag )
ショートコードが登録されているか調べる。

パラメータ

  • $tag
    ショートコード名を指定。

返り値

ショートコードが登録済みの場合はtrue、未登録の場合はfalseを返す。

注意

内部ではグローバル変数$shortcode_tagsを参照している。

使用例

  • ショートコード'hello'が登録されているか調べる。
    <?php if ( shortcode_exists( 'hello' ) ) : ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/shortcodes.php

関連

  • add_shortcode - ショートコード(独自タグ)を追加する
  • has_shortcode - コンテントの中にショートコードが含まれているか調べる
  • remove_shortcode - ショートコードを削除する

お勧めコンテンツ

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

最終更新日時 : 2013-08-04 16:54