shortcode_exists

(3.6.0以降)
shortcode_exists - ショートコードが登録されているか調べる

説明

bool shortcode_exists( $tag )
ショートコードが登録されているか調べる。

パラメータ

  • $tag
    ショートコード名を指定。

返り値

ショートコードが登録済みの場合はtrue、未登録の場合はfalseを返す。

注意

内部ではグローバル変数$shortcode_tagsを参照している。

使用例

  • ショートコード'hello'が登録されているか調べる。
    <?php if ( shortcode_exists( 'hello' ) ) : ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/shortcodes.php

関連

  • add_shortcode - ショートコード(独自タグ)を追加する
  • has_shortcode - コンテントの中にショートコードが含まれているか調べる
  • remove_shortcode - ショートコードを削除する

お勧めコンテンツ

dashiconsの一覧表(2017年6月26日 登録)

管理画面のメニューなどで使用されるアイコンはバージョン3.8で追加されたdashiconsは実態はWebフォントであり、cssのクラス名で容易に利用できる。これまでプラグインを作る際に個別に調べたりしていたのだが、全体をパッと見たかったので整理してみた。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

最終更新日時 : 2013-08-04 16:54