single_cat_title

(0.71以降)
single_cat_title - カテゴリー名を表示する

説明

string single_cat_title( [ string $prefix = '' [ , bool $display = true ] ] )
アーカイブページのカテゴリー名を取得し、パラメータ$displayがtrueならば表示する。$displayがfalseの場合は、文字列として返す。

パラメータ

  • $prefix
    カテゴリー名の前に連結する文字列を指定。
  • $display
    カテゴリー名を表示する場合はtrue(省略時)を、取得する場合はfalseを指定。

返り値

パラメータ$displayがfalseの場合はカテゴリー名を返す。$displayがtrueの場合、返り値はない。

注意

この関数は、カテゴリーアーカイブページ向け。

使用例

  • カテゴリー名を表示する。
    <?php single_cat_title( ); ?>
  • カテゴリー名を取得する。
    <?php $cat_name = single_cat_title( '' , false ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

最終更新日時 : 2014-12-23 14:57