single_post_title

(0.71以降)
single_post_title - 投稿ページのタイトルを表示する

説明

string single_post_title( [ string $prefix = '' [ , bool $display = true ] ] )
投稿ページのタイトルを表示する。

パラメータ

  • $prefix
    プレフィックス文字を指定(省略時は'')。
  • $display
    表示する場合はtrue、取得する場合はfalseを指定(省略時はtrue)。

返り値

パラメータ$displayがfalseの場合はタイトルを返す。なお、$displayがtrueか、リクエストページが投稿ページ以外の場合は何も返さない。

注意

get_queried_object関数を使って、投稿情報オブジェクトを取得している。

使用例

  • 投稿ページのタイトルを表示する。
    <?php single_post_title(); ?>
  • 投稿ページのタイトルを取得する。
    <?php $title = single_post_title( '', false ); ?>

フィルター

タイトルを表示または返す前にsingle_post_titleフィルターを実行する。パラメータ$titleには投稿タイトルが、$_postには投稿情報オブジェクトが格納される。
$title = apply_filters( 'single_post_title', $title, $_post );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

最終更新日時 : 2012-09-06 16:20