single_term_title

(3.1.0以降)
single_term_title - タクソノミー名を表示する

説明

string single_term_title( [ string $prefix = '' [ , bool $display = true ] ] )
アーカイブページのタクソノミー名(カテゴリー、投稿タグ、その他のタクソノミー)を取得し、パラメータ$displayがtrueならば表示する。$displayがfalseの場合は、文字列として返す。

パラメータ

  • $prefix
    タクソノミー名の前に連結する文字列を指定。
  • $display
    タクソノミー名を表示する場合はtrue(省略時)を、取得する場合はfalseを指定。

返り値

パラメータ$displayがfalseの場合はタクソノミー名を返す。$displayがtrueの場合、返り値はない。

注意

この関数は、カテゴリーアーカイブページ、投稿タグアーカイブページ、その他のタクソノミーアーカイブページ向け。

使用例

  • タクソノミー名を表示する。
    <?php single_term_title( ); ?>
  • タクソノミー名を取得する。
    <?php $term_name = single_term_title( '' , false ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

最終更新日時 : 2014-12-23 14:57