site_icon_url

(4.3.0以降)
site_icon_url - サイトアイコンのURLを表示する

説明

void site_icon_url( [ int $size = 512 [ , string $url = '' [ , int $blog_id = 0 ] ] ] )
サイトアイコンのURLを表示する。

パラメータ

  • $size
    サイズ(ピクセル数)を指定(省略時は512)。
  • $url
    サイトアイコンが未設定時のURLを指定(省略時は'')。
  • $blog_id
    マルチサイト時のブログIDを指定(省略時は0)。

返り値

返り値はありません。

注意

パラメータ$sizeが512以上の場合、サイトアイコンのサイズは設定時の最大サイズとなる。

パラメータ$blog_idは、通常のシングルサイトやマルチサイト時のメインサイトに設定されたサイトアイコンの場合は不要である。

使用例

  • 最大サイズのサイトアイコンのURLを表示する。
    <?php site_icon_url(); ?>
  • ブログIDが2のサイトに設定された32×32ピクセルのサイトアイコンを表示する。
    <?php site_icon_url( 32, '', 2 ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

最終更新日時 : 2015-08-21 15:22