site_icon_url

(4.3.0以降)
site_icon_url - サイトアイコンのURLを表示する

説明

void site_icon_url( [ int $size = 512 [ , string $url = '' [ , int $blog_id = 0 ] ] ] )
サイトアイコンのURLを表示する。

パラメータ

  • $size
    サイズ(ピクセル数)を指定(省略時は512)。
  • $url
    サイトアイコンが未設定時のURLを指定(省略時は'')。
  • $blog_id
    マルチサイト時のブログIDを指定(省略時は0)。

返り値

返り値はありません。

注意

パラメータ$sizeが512以上の場合、サイトアイコンのサイズは設定時の最大サイズとなる。

パラメータ$blog_idは、通常のシングルサイトやマルチサイト時のメインサイトに設定されたサイトアイコンの場合は不要である。

使用例

  • 最大サイズのサイトアイコンのURLを表示する。
    <?php site_icon_url(); ?>
  • ブログIDが2のサイトに設定された32×32ピクセルのサイトアイコンを表示する。
    <?php site_icon_url( 32, '', 2 ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

最終更新日時 : 2015-08-21 15:22