size_format

(2.3.0以降)
size_format - 数値を1000桁毎(1024)にグループ化してサイズフォーマットする

説明

bool size_format( mixed $bytes [ , int $decimals = 0 ] )
ファイルやメモリーなどの数値を1000桁毎(1024)にグループ化してサイズフォーマットする。

パラメータ

  • $bytes
    整数(その文字列)を指定。
  • $decimals
    小数点以下の桁数を指定(省略時は0)。

返り値

パラメータ$bytesを1000桁毎にグループ化してサイズフォーマットした文字列を返す。パラメータ$bytesの数値の大きさによって、返される文字列は変わる。$bytesは0以下の場合はfalseを返す。
数値単位表記
TB1099511627776
GB1073741824
MB1048576
kB1024
B1

注意

単位は、数値の大きい順、すなわち'TB'、'GB'、'MB'の順に適用される。なお、1024以上1048576未満のキロバイト表記は'KB'ではなく'kB'になる。

使用例

  • 小数点以下がないサイズフォーマット済みの数値を取得する。
    <?php $formatted = size_format( $size ); ?>
  • 小数点以下1桁のサイズフォーマット済みの数値を取得する。
    <?php $formatted = size_format( $size, 1 ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • number_format_i18n - 数値を1000位毎にグループ化して国際化対応にフォーマットする

お勧めコンテンツ

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

最終更新日時 : 2012-12-12 11:13