size_format

(2.3.0以降)
size_format - 数値を1000桁毎(1024)にグループ化してサイズフォーマットする

説明

bool size_format( mixed $bytes [ , int $decimals = 0 ] )
ファイルやメモリーなどの数値を1000桁毎(1024)にグループ化してサイズフォーマットする。

パラメータ

  • $bytes
    整数(その文字列)を指定。
  • $decimals
    小数点以下の桁数を指定(省略時は0)。

返り値

パラメータ$bytesを1000桁毎にグループ化してサイズフォーマットした文字列を返す。パラメータ$bytesの数値の大きさによって、返される文字列は変わる。$bytesは0以下の場合はfalseを返す。
数値単位表記
TB1099511627776
GB1073741824
MB1048576
kB1024
B1

注意

単位は、数値の大きい順、すなわち'TB'、'GB'、'MB'の順に適用される。なお、1024以上1048576未満のキロバイト表記は'KB'ではなく'kB'になる。

使用例

  • 小数点以下がないサイズフォーマット済みの数値を取得する。
    <?php $formatted = size_format( $size ); ?>
  • 小数点以下1桁のサイズフォーマット済みの数値を取得する。
    <?php $formatted = size_format( $size, 1 ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • number_format_i18n - 数値を1000位毎にグループ化して国際化対応にフォーマットする

お勧めコンテンツ

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

最終更新日時 : 2012-12-12 11:13