status_header

(2.0.0以降)
status_header - HTTPステータスをセットする

説明

void status_header( int $code [ , string $description = '' ] )
header関数を呼び出し、HTTPステータスをセットする。

パラメータ

  • $code
    HTTPステータスコードを指定。
  • $$description
    [4.4.0]ステータス説明文を指定(省略時は'')。

返り値

ありません。

注意

パラメータ$headerに200を指定した場合は、次のようになる(HTTPプロトコルは、サーバー環境に応じて1.1か1.0になる)。

4.4.0でパラメータ$descriptionが追加され、任意のステータスコードと説明文が指定できるように変更された。

header( "HTTP/1.0 200 OK", true, 200 );

使用例

  • HTTPステータスコード200をセットする。
    <?php status_header( 200 ); ?>
  • HTTPステータスコード999をセットする。
    <?php status_header( 999, 'Unknown error.' ); ?>

フィルター

[2.2.0]ステータスヘッダを送信する直前で'status_header'フィルターを呼び出す。パラメータ$code$description$protocolにはそれぞれステータスコード、ステータス説明文、サーバープロトコルが格納される。
$status_header = apply_filters( 'status_header', $status_header, $code, $description, $protocol );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

最終更新日時 : 2016-12-09 10:43