strip_shortcodes

(2.5以降)
strip_shortcodes - ショートコードを取り除く

説明

string strip_shortcodes( string $content )
投稿記事からショートコードを取り除く。

パラメータ

  • $content
    ショートコードを取り除く文字列

返り値

ショートコードを取り除いた文字列を返す。

注意

取り除くのは実際に登録されているショートコードのみで、未登録のショートコードタグは取り除かれない。

使用例

  • 投稿記事からショートコードを取り除く。
    <?php $content = strip_shortcodes( $post->post_content ) ?>

フィルター

[4.7.0]ショートコードの除外を行う前に’strip_shortcodes_tagnames’フィルターを呼び出す。パラメータ$tags_to_removeには除外対象のショートコード名の配列が、$contentには本関数が受け取った内容が格納されている。
$tags_to_remove = apply_filters( 'strip_shortcodes_tagnames', $tags_to_remove, $content );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/shortcodes.php

関連

お勧めコンテンツ

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

最終更新日時 : 2016-12-15 10:21