strip_shortcodes

(2.5以降)
strip_shortcodes - ショートコードを取り除く

説明

string strip_shortcodes( string $content )
投稿記事からショートコードを取り除く。

パラメータ

  • $content
    ショートコードを取り除く文字列

返り値

ショートコードを取り除いた文字列を返す。

注意

取り除くのは実際に登録されているショートコードのみで、未登録のショートコードタグは取り除かれない。

使用例

  • 投稿記事からショートコードを取り除く。
    <?php $content = strip_shortcodes( $post->post_content ) ?>

フィルター

[4.7.0]ショートコードの除外を行う前に’strip_shortcodes_tagnames’フィルターを呼び出す。パラメータ$tags_to_removeには除外対象のショートコード名の配列が、$contentには本関数が受け取った内容が格納されている。
$tags_to_remove = apply_filters( 'strip_shortcodes_tagnames', $tags_to_remove, $content );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/shortcodes.php

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

最終更新日時 : 2016-12-15 10:21