switch_to_blog

(MU以降)
switch_to_blog - ブログを切り替える

説明

bool switch_to_blog( int $new_blog [ , bool $deprecated = null ] )
ブログを切り替える。

パラメータ

  • $new_blog
    切り替えるブログIDを指定。
  • $deprecated
    非推奨(使用しないこと)。

返り値

常にtrueを返す。

注意

マルチサイトにおいて他サイトの情報を取得したり、更新したりする場合に使用する。基本的な使い方は、このswitch_to_blog関数を使ってブログを切り替え、そのブログに対して処理を行った後、restore_current_blog関数を使用して元のブログに戻すという流れになる。

このswitch_to_blog関数では、ブログの切り替えを行う前に現在のブログIDをストックし、対で使用されるrestore_current_blog関数ではストックされているブログIDを取り出して元のブログを戻している。なおパラメータ$new_blogが空の場合は、現在のブログIDが適用される。$new_blogが現在のブログIDの場合でも切り替え処理は成功となる。

使用例

  • $blog_idのブログに切り替える。
    <?php
    switch_to_blog( $blog_id );
    // ここに切り替えたブログ向けの処理を記述
    
    restore_current_blog();
    ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

[MU]ブログを切り替えると、'switch_blog'アクションを実行する。パラメータ$new_blogは本関数が受け取ったブログIDが、$prev_blog_idには変更前のブログIDが格納されている($new_blogが現在のブログIDの場合でもこのアクションは実行する)。
do_action( 'switch_blog', $new_blog, $prev_blog_id );

ソースファイル

/wp-includes/ms-blogs.php

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

最終更新日時 : 2016-05-22 15:08