switch_to_locale

説明

bool switch_to_locale( string $locale )
ロケールを切り替える。

パラメータ

  • $locale
    'ja'、'en_US'、'fr_FR'などのロケールを指定。

返り値

ロケールを切り替えできた場合はtrueを、切り替えできなかった場合はfalseを返す。


注意

ロケールの切り替えにより、ページの途中で翻訳内容を変更できる。切り替え前のロケールに戻す場合は restore_previous_locale関数を使用する。

日本語環境において英語、フランス語の順に切り替えながら'English'の翻訳を出力してみる。

var_dump( __( 'English' ) );
switch_to_locale( 'en_US' );	// 日本語から英語へ
var_dump( __( 'English' ) );
switch_to_locale( 'fr_FR' );	// 英語からフランス語へ
var_dump( __( 'English' ) );
restore_previous_locale();		// フランス語から英語へ
var_dump( __( 'English' ) );
restore_previous_locale();		// 英語から日本語へ
var_dump( __( 'English' ) );

上記コードの実行結果は次の通り。

string(6) "英語"
string(7) "English"
string(7) "Anglais"
string(7) "English"
string(6) "英語"

使用例

  • ロケールを'en_US'へ切り替える。
    <?php switch_to_locale( 'en_US' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/l10n.php

最終更新 : 2018年11月21日 16:23



お勧め

Gutenbergでカスタムフィールドを使う(2018年8月10日 更新)

Gutenbergの新エディターではカスタムフィールドのウィジェットが表示されない。既存のカスタムフィールドのデータはなくなるわけでないので、新エディター上で編集・更新できないか調べてみた。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2018年5月27日 更新)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2018年5月27日 更新)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月7日 更新)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2018年5月27日 更新)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。