switch_to_locale

説明

bool switch_to_locale( string $locale )
ロケールを切り替える。

パラメータ

  • $locale
    'ja'、'en_US'、'fr_FR'などのロケールを指定。

返り値

ロケールを切り替えできた場合はtrueを、切り替えできなかった場合はfalseを返す。


注意

ロケールの切り替えにより、ページの途中で翻訳内容を変更できる。切り替え前のロケールに戻す場合は restore_previous_locale関数を使用する。

日本語環境において英語、フランス語の順に切り替えながら'English'の翻訳を出力してみる。

var_dump( __( 'English' ) );
switch_to_locale( 'en_US' );	// 日本語から英語へ
var_dump( __( 'English' ) );
switch_to_locale( 'fr_FR' );	// 英語からフランス語へ
var_dump( __( 'English' ) );
restore_previous_locale();		// フランス語から英語へ
var_dump( __( 'English' ) );
restore_previous_locale();		// 英語から日本語へ
var_dump( __( 'English' ) );

上記コードの実行結果は次の通り。

string(6) "英語"
string(7) "English"
string(7) "Anglais"
string(7) "English"
string(6) "英語"

使用例

  • ロケールを'en_US'へ切り替える。
    <?php switch_to_locale( 'en_US' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/l10n.php

最終更新 : 2018年11月21日 16:23



お勧め

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2018年5月27日 更新)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 更新)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 更新)

WordPress 3.5で登場するであろう WP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2021年4月26日 更新)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

5.3.1: サイト管理者のメールアドレス確認に関するアップデート(2020年4月2日 更新)

セキュリティ&メンテナンスアップデートの5.3.1がリリースされ、その中に以前投稿した「5.3の新機能:サイト管理者のメールアドレスを定期的に確認する」に関連したアップデートがあったので紹介する。