tag_escape

(2.5.0以降)
tag_escape - 無効な文字を除外したHTMLタグ名を取得する

説明

string tag_escape( string $tag_name )
無効な文字を除外したHTMLタグ名を取得する。

パラメータ

  • $tag_name
    タグ名を指定。

返り値

パラメータ$tag_nameから無効な文字を取り除き、英小文字に統一したものを返す。

注意

HTMLタグとして有効な文字は、"a-zA-Z0-9_:"となっている。

使用例

  • パラメータ$tag_nameから無効な文字を除外したHTMLタグ名を取得する。
    <?php $tag = tag_escape( $tag_name ); ?>

フィルター

エスケープ処理後のHTMLタグを返す直前に'tag_escape'フィルターが呼び出される。$safe_tagにはエスケープ処理済みのHTMLタグが、$tag_nameにはエスケープ処理前のHTMLタグが格納されている。
return apply_filters( 'tag_escape', $safe_tag, $tag_name );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

  • get_tag_regex - HTMLタグの正規表現パターンを取得する

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

最終更新日時 : 2013-08-03 11:09