tag_escape

(2.5.0以降)
tag_escape - 無効な文字を除外したHTMLタグ名を取得する

説明

string tag_escape( string $tag_name )
無効な文字を除外したHTMLタグ名を取得する。

パラメータ

  • $tag_name
    タグ名を指定。

返り値

パラメータ$tag_nameから無効な文字を取り除き、英小文字に統一したものを返す。

注意

HTMLタグとして有効な文字は、"a-zA-Z0-9_:"となっている。

使用例

  • パラメータ$tag_nameから無効な文字を除外したHTMLタグ名を取得する。
    <?php $tag = tag_escape( $tag_name ); ?>

フィルター

エスケープ処理後のHTMLタグを返す直前に'tag_escape'フィルターが呼び出される。$safe_tagにはエスケープ処理済みのHTMLタグが、$tag_nameにはエスケープ処理前のHTMLタグが格納されている。
return apply_filters( 'tag_escape', $safe_tag, $tag_name );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

  • get_tag_regex - HTMLタグの正規表現パターンを取得する

お勧めコンテンツ

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

最終更新日時 : 2013-08-03 11:09