taxonomy_exists

(3.0.0以降)
taxonomy_exists - タクソノミーが存在するか調べる

説明

bool taxonomy_exists( string $taxonomy )
タクソノミーが存在するか調べる。

パラメータ

  • $taxonomy
    タクソノミー名を指定。

返り値

パラメータ$taxonomyで指定したタクソノミーがある場合はtrue、ない場合はfalseを返す。

注意

この関数は基本的にカスタムタクソノミーが存在するかを調べるために使用する。デフォルトで登録されているタクソノミーは、'category'、'post_tag'、'nav_menu'、'link_category'、'post_format'である(3.1.3時点)。

使用例

  • 'revision'というカスタムタクソノミーが存在するか調べる。
    <?php if ( taxonomy_exists( 'revision' ) ) : ?>

関連

お勧めコンテンツ

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

最終更新日時 : 2014-12-26 12:12