taxonomy_exists

(3.0.0以降)
taxonomy_exists - タクソノミーが存在するか調べる

説明

bool taxonomy_exists( string $taxonomy )
タクソノミーが存在するか調べる。

パラメータ

  • $taxonomy
    タクソノミー名を指定。

返り値

パラメータ$taxonomyで指定したタクソノミーがある場合はtrue、ない場合はfalseを返す。

注意

この関数は基本的にカスタムタクソノミーが存在するかを調べるために使用する。デフォルトで登録されているタクソノミーは、'category'、'post_tag'、'nav_menu'、'link_category'、'post_format'である(3.1.3時点)。

使用例

  • 'revision'というカスタムタクソノミーが存在するか調べる。
    <?php if ( taxonomy_exists( 'revision' ) ) : ?>

関連

お勧めコンテンツ

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

最終更新日時 : 2014-12-26 12:12