term_description

(2.8以降)
term_description - タクソノミー(ターム)の説明文を取得する

説明

string term_description( [ int $term = 0 [ , string $taxonomy = 'post_tag' ] ] )
タクソノミー(ターム)の説明文を取得する。

パラメータ

  • $term
    タクソノミーのIDを指定(省略時は0)。
  • $taxonomy
    タクソノミー名を指定(省略時は'post_tag')。

返り値

パラメータ$termで指定されたタクソノミー(ターム)の説明文を返す。$termが0の場合、現在のタクソノミーの説明文を返す。

注意

tag_descriptioncategory_description関数から呼び出される。

使用例

  • タクソノミーの説明文を取得する。
    <?php $description = term_description(); ?>
  • IDが10の投稿タグの説明文を取得する。
    <?php $description = term_description( 10 ); ?>
  • IDが15のカテゴリーの説明文を取得する。
    <?php $description = term_description( 15, 'category' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/category-template.php

関連

お勧めコンテンツ

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

dashiconsの一覧表(2017年6月26日 登録)

管理画面のメニューなどで使用されるアイコンはバージョン3.8で追加されたdashiconsは実態はWebフォントであり、cssのクラス名で容易に利用できる。これまでプラグインを作る際に個別に調べたりしていたのだが、全体をパッと見たかったので整理してみた。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

最終更新日時 : 2014-12-23 22:20