term_exists

(3.0.0以降)
term_exists - タクソノミー情報が存在するか調べる

説明

mixed term_exists( mixed $term [ , string $taxonomy = '' [ , int $parent = 0 ] ] )
タクソノミー情報が存在するか調べる。

パラメータ

  • $term
    タームIDまたはタクソノミーの名前またはスラッグ。
  • $taxonomy
    'category'、'post_tag'などのタクソノミー名を指定(省略時は'')。
  • $parent
    親タクソノミーIDを指定(省略時は0)。

返り値

タクソノミーが存在する場合、パラメータ$taxonomyの省略時はタームIDを、$taxonomyの指定時はタームIDの連想配列を返す。タクソノミーが存在しない場合はnullを返す(パラメータ$termが0または''の場合は0を返す)。またマッチしたすべてのカテゴリー情報が格納された配列を返す。タームIDの連想配列の内容は次の通り。
キー名意味
term_idタームID
term_taxonomy_idタクソノミーID

注意

2.3.0で追加されたis_term関数が3.0.0で非推奨になり、代替としてこの関数の使用することが推奨されている。

使用例

  • タームIDが1のタクソノミー情報が存在するか調べる。
    <?php if ( term_exists( 1 ) ) : ?>
  • 'ニュース'というカテゴリーが存在するか調べる。
    <?php if ( is_array( term_exists( 'ニュース', 'category' ) ) ) : ?>

関連

お勧めコンテンツ

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

最終更新日時 : 2013-11-29 15:07