term_exists

(3.0.0以降)
term_exists - タクソノミー情報が存在するか調べる

説明

mixed term_exists( mixed $term [ , string $taxonomy = '' [ , int $parent = 0 ] ] )
タクソノミー情報が存在するか調べる。

パラメータ

  • $term
    タームIDまたはタクソノミーの名前またはスラッグ。
  • $taxonomy
    'category'、'post_tag'などのタクソノミー名を指定(省略時は'')。
  • $parent
    親タクソノミーIDを指定(省略時は0)。

返り値

タクソノミーが存在する場合、パラメータ$taxonomyの省略時はタームIDを、$taxonomyの指定時はタームIDの連想配列を返す。タクソノミーが存在しない場合はnullを返す(パラメータ$termが0または''の場合は0を返す)。またマッチしたすべてのカテゴリー情報が格納された配列を返す。タームIDの連想配列の内容は次の通り。
キー名意味
term_idタームID
term_taxonomy_idタクソノミーID

注意

2.3.0で追加されたis_term関数が3.0.0で非推奨になり、代替としてこの関数の使用することが推奨されている。

使用例

  • タームIDが1のタクソノミー情報が存在するか調べる。
    <?php if ( term_exists( 1 ) ) : ?>
  • 'ニュース'というカテゴリーが存在するか調べる。
    <?php if ( is_array( term_exists( 'ニュース', 'category' ) ) ) : ?>

関連

お勧めコンテンツ

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

ログインページのタイトルを変更してみる(2017年11月17日 登録)

バージョン4.9では新しいフィルターやフィルターのパラメータの追加が多数行われている。ここではその一例としてログインページ関連で追加された2つのフィルターを紹介する。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

最終更新日時 : 2013-11-29 15:07