term_exists

(3.0.0以降)
term_exists - タクソノミー情報が存在するか調べる

説明

mixed term_exists( mixed $term [ , string $taxonomy = '' [ , int $parent = 0 ] ] )
タクソノミー情報が存在するか調べる。

パラメータ

  • $term
    タームIDまたはタクソノミーの名前またはスラッグ。
  • $taxonomy
    'category'、'post_tag'などのタクソノミー名を指定(省略時は'')。
  • $parent
    親タクソノミーIDを指定(省略時は0)。

返り値

タクソノミーが存在する場合、パラメータ$taxonomyの省略時はタームIDを、$taxonomyの指定時はタームIDの連想配列を返す。タクソノミーが存在しない場合はnullを返す(パラメータ$termが0または''の場合は0を返す)。またマッチしたすべてのカテゴリー情報が格納された配列を返す。タームIDの連想配列の内容は次の通り。
キー名意味
term_idタームID
term_taxonomy_idタクソノミーID

注意

2.3.0で追加されたis_term関数が3.0.0で非推奨になり、代替としてこの関数の使用することが推奨されている。

使用例

  • タームIDが1のタクソノミー情報が存在するか調べる。
    <?php if ( term_exists( 1 ) ) : ?>
  • 'ニュース'というカテゴリーが存在するか調べる。
    <?php if ( is_array( term_exists( 'ニュース', 'category' ) ) ) : ?>

関連

お勧めコンテンツ

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.9.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

新「WordPress Events and News」ウィジェットが興味深い(2017年5月26日 登録)

4.8のベータ版ですぐに新機能とわかるのが管理者ダッシュボードの新「WordPress Events and News」ウィジェット。ユーザーが指定した地域近隣で開催されるイベント情報を表示してくれるウィジェットで、この中のフォームがちょっと興味深かった。なおこの記事はWordPress 4.8 beta-2をもとにしており、以降のバージョンで変更される可能性があることをあらかじめ断っておく。

最終更新日時 : 2013-11-29 15:07