the_author

(0.71以降)
the_author - 投稿者名を表示する

説明

string the_author( [ mixed $deprecated = '' [ , bool $deprecated_echo = true ] ] )
投稿者名をパラメータ$deprecated_echoがtrueならば表示する。$deprecated_echoがfalseの場合は表示せず、取得する。

パラメータ

  • $deprecated
    文字列を指定(2.1以降は非推奨)。
  • $deprecated_echo
    投稿者名を表示する場合はtrueを指定(省略時はtrue、1.5以降は非推奨)。

返り値

必ず投稿者名を返す。

注意

事前にthe_post関数を使用しておく必要がある。 投稿者名を取得する場合は、get_the_author関数を使用する。

使用例

  • 投稿者名を表示する。
    <?php the_author(); ?>

関連

  • get_the_author - 現在の投稿情報の著者名を取得する
  • the_post - 投稿データをロードする

お勧めコンテンツ

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

最終更新日時 : 2010-09-09 12:08