the_author

(0.71以降)
the_author - 投稿者名を表示する

説明

string the_author( [ mixed $deprecated = '' [ , bool $deprecated_echo = true ] ] )
投稿者名をパラメータ$deprecated_echoがtrueならば表示する。$deprecated_echoがfalseの場合は表示せず、取得する。

パラメータ

  • $deprecated
    文字列を指定(2.1以降は非推奨)。
  • $deprecated_echo
    投稿者名を表示する場合はtrueを指定(省略時はtrue、1.5以降は非推奨)。

返り値

必ず投稿者名を返す。

注意

事前にthe_post関数を使用しておく必要がある。 投稿者名を取得する場合は、get_the_author関数を使用する。

使用例

  • 投稿者名を表示する。
    <?php the_author(); ?>

関連

  • get_the_author - 現在の投稿情報の著者名を取得する
  • the_post - 投稿データをロードする

お勧めコンテンツ

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

最終更新日時 : 2010-09-09 12:08