the_author_posts_link

(1.2.0以降)
the_author_posts_link - 投稿者アーカイブページのリンクを表示する

説明

void the_author_posts_link( $deprecated = '' )
投稿者アーカイブページのリンクを表示する。

パラメータ

  • $deprecated
    [2.1.0]未使用。

返り値

返り値はありません。

注意

グローバル変数$authordataを参照し、投稿者データでない場合は何も表示されない。リンクの書式は次の通りで、タイトル部分は'Posts by %s'の翻訳テキスト(%sには投稿者名)となる。

<a href="投稿者アーカイブページのURL" title="投稿者アーカイブページのタイトル" rel="author">投稿者名</a>

使用例

  • 投稿者アーカイブページのリンクを表示する。
    <?php the_author_posts_link(); ?>

フィルター

[2.9.0]リンクを表示する直前にthe_author_posts_linkフィルターを呼び出す。パラメータ$linkにはリンク(HTMLテキスト)の内容が格納される。
echo apply_filters( 'the_author_posts_link', $link );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/author-template.php

関連

お勧めコンテンツ

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

最終更新日時 : 2015-12-10 16:15