the_content

(0.71以降)
the_content - 投稿内容を表示する

説明

void the_content( [ string $more_link_text = null [ , int $stripteaser = 0 [ , string $more_file = '' ] ] ] )
投稿記事の内容のすべてまたは一部を表示する。

パラメータ

  • $more_link_text
    ページ分割時に表示される区切り文字列。省略時は(more...)となる。
  • $stripteaser
    1の場合はページを分割し、0の場合は分割しない。
  • $more_file
    パーマリンクとして使うファイル名(現バージョンでは未使用)。

返り値

返り値はありません。

注意

事前にthe_post関数を使用しておく必要がある。 投稿内容の<!--more-->というコメントで分割される(このコメントがない場合は分割されない)。この場合、単一ページとそれ以外のページとでは表示される内容が異なる。

使用例

  • 投稿内容を表示する。
    <?php the_content(); ?>

フィルター

[0.71]現在の投稿本文を取得した後、'the_content'フィルターを呼び出す。パラメータ$contentは現在の投稿本文となる。
$content = apply_filters( 'the_content', $content );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

お勧めコンテンツ

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40