the_content

(0.71以降)
the_content - 投稿内容を表示する

説明

void the_content( [ string $more_link_text = null [ , int $stripteaser = 0 [ , string $more_file = '' ] ] ] )
投稿記事の内容のすべてまたは一部を表示する。

パラメータ

  • $more_link_text
    ページ分割時に表示される区切り文字列。省略時は(more...)となる。
  • $stripteaser
    1の場合はページを分割し、0の場合は分割しない。
  • $more_file
    パーマリンクとして使うファイル名(現バージョンでは未使用)。

返り値

返り値はありません。

注意

事前にthe_post関数を使用しておく必要がある。 投稿内容の<!--more-->というコメントで分割される(このコメントがない場合は分割されない)。この場合、単一ページとそれ以外のページとでは表示される内容が異なる。

使用例

  • 投稿内容を表示する。
    <?php the_content(); ?>

フィルター

[0.71]現在の投稿本文を取得した後、'the_content'フィルターを呼び出す。パラメータ$contentは現在の投稿本文となる。
$content = apply_filters( 'the_content', $content );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

お勧めコンテンツ

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40