the_content

(0.71以降)
the_content - 投稿内容を表示する

説明

void the_content( [ string $more_link_text = null [ , int $stripteaser = 0 [ , string $more_file = '' ] ] ] )
投稿記事の内容のすべてまたは一部を表示する。

パラメータ

  • $more_link_text
    ページ分割時に表示される区切り文字列。省略時は(more...)となる。
  • $stripteaser
    1の場合はページを分割し、0の場合は分割しない。
  • $more_file
    パーマリンクとして使うファイル名(現バージョンでは未使用)。

返り値

返り値はありません。

注意

事前にthe_post関数を使用しておく必要がある。 投稿内容の<!--more-->というコメントで分割される(このコメントがない場合は分割されない)。この場合、単一ページとそれ以外のページとでは表示される内容が異なる。

使用例

  • 投稿内容を表示する。
    <?php the_content(); ?>

フィルター

[0.71]現在の投稿本文を取得した後、'the_content'フィルターを呼び出す。パラメータ$contentは現在の投稿本文となる。
$content = apply_filters( 'the_content', $content );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

お勧めコンテンツ

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40