the_date

(0.71以降)
the_date - 投稿データの投稿日を表示する

説明

string the_date ( [ string $d = '' [ , string $before = '' [ , string $after = '' [ , bool $echo = true ] ] ] ] )
パラメータ$echoがtrueならば、パラメータ$dで指定したフォーマットで投稿日時を表示する。$echoがfalseの場合は表示せず、取得する。

パラメータ

  • $d
    フォーマットを指定する文字列(PHP date関数参照)。省略時は、管理画面「設定」「一般設定」の日付フォーマットが適用される。
  • $before
    投稿日時の前に連結して表示(取得)する文字列。
  • $after
    投稿日時の後に連結して表示(取得)する文字列。
  • $echo
    投稿日時を表示する場合はtrue、表示しない(取得する)場合はfalseを指定。

返り値

パラメータ$echoがfalseの場合は投稿日時を返す。それ以外の場合は何も返さない。

注意

事前にthe_postsetup_postdata)関数を使用しておく必要がある。投稿日時を表示する場合、グローバル変数$previousday$currentdayの値を格納し、次回の呼び出しに備える。
トップページやカテゴリーページなどのループ内で使用する際、投稿日が直前のthe_date関数呼び出し時の投稿日と同じ場合(例えば一日に何度も投稿するケース:グローバル変数$currentday$previousdayを比較)には表示は行われず、nullを返す。確実に投稿毎に投稿日を表示したいのなら、get_the_date関数で取得した内容を表示するなどの対応がいいだろう。

参考:「the_date関数で投稿日を確実に表示する

<?php echo get_the_date(); ?>

使用例

  • デフォルトフォーマットで投稿日時を表示する。
    <?php the_date(); ?>
  • フォーマット'm月d日'で投稿日を表示する。
    <?php the_date( 'm月d日' ); ?>
  • フォーマット'm月d日 h時n分'で投稿日時を表示する。
    <?php the_date( 'm月d日 h時n分' ); ?>

フィルター

表示または値を返す直前に、the_dateフィルターを呼び出す。$the_dateには、投稿日時の前にパラメータ$beforeの内容を、その後にパラメータ$afterの内容を付加したものが渡る。
$the_date = apply_filters('the_date', $the_date, $d, $before, $after);

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40