the_date

(0.71以降)
the_date - 投稿データの投稿日を表示する

説明

string the_date ( [ string $d = '' [ , string $before = '' [ , string $after = '' [ , bool $echo = true ] ] ] ] )
パラメータ$echoがtrueならば、パラメータ$dで指定したフォーマットで投稿日時を表示する。$echoがfalseの場合は表示せず、取得する。

パラメータ

  • $d
    フォーマットを指定する文字列(PHP date関数参照)。省略時は、管理画面「設定」「一般設定」の日付フォーマットが適用される。
  • $before
    投稿日時の前に連結して表示(取得)する文字列。
  • $after
    投稿日時の後に連結して表示(取得)する文字列。
  • $echo
    投稿日時を表示する場合はtrue、表示しない(取得する)場合はfalseを指定。

返り値

パラメータ$echoがfalseの場合は投稿日時を返す。それ以外の場合は何も返さない。

注意

事前にthe_postsetup_postdata)関数を使用しておく必要がある。投稿日時を表示する場合、グローバル変数$previousday$currentdayの値を格納し、次回の呼び出しに備える。
トップページやカテゴリーページなどのループ内で使用する際、投稿日が直前のthe_date関数呼び出し時の投稿日と同じ場合(例えば一日に何度も投稿するケース:グローバル変数$currentday$previousdayを比較)には表示は行われず、nullを返す。確実に投稿毎に投稿日を表示したいのなら、get_the_date関数で取得した内容を表示するなどの対応がいいだろう。

参考:「the_date関数で投稿日を確実に表示する

<?php echo get_the_date(); ?>

使用例

  • デフォルトフォーマットで投稿日時を表示する。
    <?php the_date(); ?>
  • フォーマット'm月d日'で投稿日を表示する。
    <?php the_date( 'm月d日' ); ?>
  • フォーマット'm月d日 h時n分'で投稿日時を表示する。
    <?php the_date( 'm月d日 h時n分' ); ?>

フィルター

表示または値を返す直前に、the_dateフィルターを呼び出す。$the_dateには、投稿日時の前にパラメータ$beforeの内容を、その後にパラメータ$afterの内容を付加したものが渡る。
$the_date = apply_filters('the_date', $the_date, $d, $before, $after);

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40