the_date

(0.71以降)
the_date - 投稿データの投稿日を表示する

説明

string the_date ( [ string $d = '' [ , string $before = '' [ , string $after = '' [ , bool $echo = true ] ] ] ] )
パラメータ$echoがtrueならば、パラメータ$dで指定したフォーマットで投稿日時を表示する。$echoがfalseの場合は表示せず、取得する。

パラメータ

  • $d
    フォーマットを指定する文字列(PHP date関数参照)。省略時は、管理画面「設定」「一般設定」の日付フォーマットが適用される。
  • $before
    投稿日時の前に連結して表示(取得)する文字列。
  • $after
    投稿日時の後に連結して表示(取得)する文字列。
  • $echo
    投稿日時を表示する場合はtrue、表示しない(取得する)場合はfalseを指定。

返り値

パラメータ$echoがfalseの場合は投稿日時を返す。それ以外の場合は何も返さない。

注意

事前にthe_postsetup_postdata)関数を使用しておく必要がある。投稿日時を表示する場合、グローバル変数$previousday$currentdayの値を格納し、次回の呼び出しに備える。
トップページやカテゴリーページなどのループ内で使用する際、投稿日が直前のthe_date関数呼び出し時の投稿日と同じ場合(例えば一日に何度も投稿するケース:グローバル変数$currentday$previousdayを比較)には表示は行われず、nullを返す。確実に投稿毎に投稿日を表示したいのなら、get_the_date関数で取得した内容を表示するなどの対応がいいだろう。

参考:「the_date関数で投稿日を確実に表示する

<?php echo get_the_date(); ?>

使用例

  • デフォルトフォーマットで投稿日時を表示する。
    <?php the_date(); ?>
  • フォーマット'm月d日'で投稿日を表示する。
    <?php the_date( 'm月d日' ); ?>
  • フォーマット'm月d日 h時n分'で投稿日時を表示する。
    <?php the_date( 'm月d日 h時n分' ); ?>

フィルター

表示または値を返す直前に、the_dateフィルターを呼び出す。$the_dateには、投稿日時の前にパラメータ$beforeの内容を、その後にパラメータ$afterの内容を付加したものが渡る。
$the_date = apply_filters('the_date', $the_date, $d, $before, $after);

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40