the_date

(0.71以降)
the_date - 投稿データの投稿日を表示する

説明

string the_date ( [ string $d = '' [ , string $before = '' [ , string $after = '' [ , bool $echo = true ] ] ] ] )
パラメータ$echoがtrueならば、パラメータ$dで指定したフォーマットで投稿日時を表示する。$echoがfalseの場合は表示せず、取得する。

パラメータ

  • $d
    フォーマットを指定する文字列(PHP date関数参照)。省略時は、管理画面「設定」「一般設定」の日付フォーマットが適用される。
  • $before
    投稿日時の前に連結して表示(取得)する文字列。
  • $after
    投稿日時の後に連結して表示(取得)する文字列。
  • $echo
    投稿日時を表示する場合はtrue、表示しない(取得する)場合はfalseを指定。

返り値

パラメータ$echoがfalseの場合は投稿日時を返す。それ以外の場合は何も返さない。

注意

事前にthe_postsetup_postdata)関数を使用しておく必要がある。投稿日時を表示する場合、グローバル変数$previousday$currentdayの値を格納し、次回の呼び出しに備える。
トップページやカテゴリーページなどのループ内で使用する際、投稿日が直前のthe_date関数呼び出し時の投稿日と同じ場合(例えば一日に何度も投稿するケース:グローバル変数$currentday$previousdayを比較)には表示は行われず、nullを返す。確実に投稿毎に投稿日を表示したいのなら、get_the_date関数で取得した内容を表示するなどの対応がいいだろう。

参考:「the_date関数で投稿日を確実に表示する

<?php echo get_the_date(); ?>

使用例

  • デフォルトフォーマットで投稿日時を表示する。
    <?php the_date(); ?>
  • フォーマット'm月d日'で投稿日を表示する。
    <?php the_date( 'm月d日' ); ?>
  • フォーマット'm月d日 h時n分'で投稿日時を表示する。
    <?php the_date( 'm月d日 h時n分' ); ?>

フィルター

表示または値を返す直前に、the_dateフィルターを呼び出す。$the_dateには、投稿日時の前にパラメータ$beforeの内容を、その後にパラメータ$afterの内容を付加したものが渡る。
$the_date = apply_filters('the_date', $the_date, $d, $before, $after);

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40