the_embed_site_title

(4.5.0以降)
the_embed_site_title - エンベッドテンプレート向けにサイトタイトルを表示する

説明

void the_embed_site_title( )
エンベッドテンプレート向けにサイトタイトルを表示する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

返り値はありません。

注意

表示されるサイトタイトルのHTMLは、標準では次の内容となる。

<a href="{サイトのホームURL}" target="_top"><img src="{32ピクセルのアイコンURL}" srcset="{64ピクセルのアイコンURL} 2x" width="32" height="32" alt="" class="wp-embed-site-icon"/><span>{サイト名}</span></a>

使用例

  • エンベッドテンプレート向けにサイトタイトルを表示する。

フィルター

[4.4.0]サイトタイトルを表示する前に'embed_site_title_html'フィルターを呼び出す。パラメータ$site_titleはサイトタイトルのHTMLが格納される。
echo apply_filters( 'embed_site_title_html', $site_title );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/embed.php

関連

  • admin_url - 管理者ページのURLを取得する
  • get_site_icon_url - サイトアイコンのURLを取得する
  • home_url - 現在のブログのホームURLを取得する

お勧めコンテンツ

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

ログインページのタイトルを変更してみる(2017年11月17日 登録)

バージョン4.9では新しいフィルターやフィルターのパラメータの追加が多数行われている。ここではその一例としてログインページ関連で追加された2つのフィルターを紹介する。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

最終更新日時 : 2016-04-22 15:06