the_embed_site_title

(4.5.0以降)
the_embed_site_title - エンベッドテンプレート向けにサイトタイトルを表示する

説明

void the_embed_site_title( )
エンベッドテンプレート向けにサイトタイトルを表示する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

返り値はありません。

注意

表示されるサイトタイトルのHTMLは、標準では次の内容となる。

<a href="{サイトのホームURL}" target="_top"><img src="{32ピクセルのアイコンURL}" srcset="{64ピクセルのアイコンURL} 2x" width="32" height="32" alt="" class="wp-embed-site-icon"/><span>{サイト名}</span></a>

使用例

  • エンベッドテンプレート向けにサイトタイトルを表示する。

フィルター

[4.4.0]サイトタイトルを表示する前に'embed_site_title_html'フィルターを呼び出す。パラメータ$site_titleはサイトタイトルのHTMLが格納される。
echo apply_filters( 'embed_site_title_html', $site_title );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/embed.php

関連

  • admin_url - 管理者ページのURLを取得する
  • get_site_icon_url - サイトアイコンのURLを取得する
  • home_url - 現在のブログのホームURLを取得する

お勧めコンテンツ

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

最終更新日時 : 2016-04-22 15:06