the_embed_site_title

(4.5.0以降)
the_embed_site_title - エンベッドテンプレート向けにサイトタイトルを表示する

説明

void the_embed_site_title( )
エンベッドテンプレート向けにサイトタイトルを表示する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

返り値はありません。

注意

表示されるサイトタイトルのHTMLは、標準では次の内容となる。

<a href="{サイトのホームURL}" target="_top"><img src="{32ピクセルのアイコンURL}" srcset="{64ピクセルのアイコンURL} 2x" width="32" height="32" alt="" class="wp-embed-site-icon"/><span>{サイト名}</span></a>

使用例

  • エンベッドテンプレート向けにサイトタイトルを表示する。

フィルター

[4.4.0]サイトタイトルを表示する前に'embed_site_title_html'フィルターを呼び出す。パラメータ$site_titleはサイトタイトルのHTMLが格納される。
echo apply_filters( 'embed_site_title_html', $site_title );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/embed.php

関連

  • admin_url - 管理者ページのURLを取得する
  • get_site_icon_url - サイトアイコンのURLを取得する
  • home_url - 現在のブログのホームURLを取得する

お勧めコンテンツ

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

新「WordPress Events and News」ウィジェットが興味深い(2017年5月26日 登録)

4.8のベータ版ですぐに新機能とわかるのが管理者ダッシュボードの新「WordPress Events and News」ウィジェット。ユーザーが指定した地域近隣で開催されるイベント情報を表示してくれるウィジェットで、この中のフォームがちょっと興味深かった。なおこの記事はWordPress 4.8 beta-2をもとにしており、以降のバージョンで変更される可能性があることをあらかじめ断っておく。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

最終更新日時 : 2016-04-22 15:06