the_feed_link

(3.0.0以降)
the_feed_link - フィードのリンクを表示する

説明

void the_feed_link( string $anchor [ , string $feed = '' ] )
フィードのリンクを表示する。

パラメータ

  • $anchor
    アンカーテキストを指定。
  • $feed
    フィードタイプを指定(省略時は'')。

返り値

返り値はありません。

注意

パラメータ$feedを省略した場合、通常はrss2になる。

使用例

  • アンカーテキスト'RSS'を指定してフィードのリンクを表示する。
    <?php the_feed_link( 'RSS' ); ?>
  • atomフィードのリンクを表示する。
    <?php the_feed_link( 'atom', 'atom' ); ?>

フィルター

フィードのリンクを表示する前にthe_feed_linkフィルターを実行する。$linkにはリンクテキストとなり、$feedにはパラメータで受け取ったフィードタイプが格納される。
echo apply_filters( 'the_feed_link', $link, $feed );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

最終更新日時 : 2012-02-07 10:26