the_generator

(2.5.0以降)
the_generator - generatorタグを表示する

説明

void the_generator( string $type )
generatorタグを表示する。

パラメータ

  • $type
    generatorタグのタイプを指定。
    タイプ名
    'html'HTML
    'xhtml'XHTML
    'atom'ATOMフィード
    'rss2'RSS 2.0フィード
    'rdf'RDFフィード
    'comment'コメントフィード
    'export'エクスポートXML

返り値

返り値はありません。

注意

wp_generator関数などから実行され、get_the_generator関数を呼び出して実際のgeneratorタグを取得し、それを改行して表示する。

使用例

  • HTMLのgeneratorタグを表示する。
    <?php the_generator( 'html' ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

最終更新日時 : 2011-02-07 23:23