the_guid

(1.5.0以降)
the_guid - GUIDを表示する

説明

void the_guid( [ mixed $id = 0 ] )
GUIDを表示する。

パラメータ

  • $id
    投稿IDまたは投稿情報オブジェクトを指定(省略時は0)。

返り値

返り値はありません。

注意

'the_guid'フィルターは4.2.0で追加され、それ以前のバージョンでは使用できない。

使用例

  • 現在の投稿情報のGUIDを表示する。
    <?php the_guid(); ?>
  • $post_idの投稿情報を取得し、そのGUIDを表示する。
    <?php the_guid( $post_id ); ?>

フィルター

[4.2.0]GUIDを表示する前に'the_guid'フィルターを呼び出す。パラメータ$guidにはパラメータ$idで取得した投稿情報のGUIDが格納される。
echo apply_filters( 'the_guid', $guid );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

お勧めコンテンツ

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.9.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

最終更新日時 : 2015-04-26 17:16