the_guid

(1.5.0以降)
the_guid - GUIDを表示する

説明

void the_guid( [ mixed $id = 0 ] )
GUIDを表示する。

パラメータ

  • $id
    投稿IDまたは投稿情報オブジェクトを指定(省略時は0)。

返り値

返り値はありません。

注意

'the_guid'フィルターは4.2.0で追加され、それ以前のバージョンでは使用できない。

使用例

  • 現在の投稿情報のGUIDを表示する。
    <?php the_guid(); ?>
  • $post_idの投稿情報を取得し、そのGUIDを表示する。
    <?php the_guid( $post_id ); ?>

フィルター

[4.2.0]GUIDを表示する前に'the_guid'フィルターを呼び出す。パラメータ$guidにはパラメータ$idで取得した投稿情報のGUIDが格納される。
echo apply_filters( 'the_guid', $guid );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

お勧めコンテンツ

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

最終更新日時 : 2015-04-26 17:16