the_guid

(1.5.0以降)
the_guid - GUIDを表示する

説明

void the_guid( [ mixed $id = 0 ] )
GUIDを表示する。

パラメータ

  • $id
    投稿IDまたは投稿情報オブジェクトを指定(省略時は0)。

返り値

返り値はありません。

注意

'the_guid'フィルターは4.2.0で追加され、それ以前のバージョンでは使用できない。

使用例

  • 現在の投稿情報のGUIDを表示する。
    <?php the_guid(); ?>
  • $post_idの投稿情報を取得し、そのGUIDを表示する。
    <?php the_guid( $post_id ); ?>

フィルター

[4.2.0]GUIDを表示する前に'the_guid'フィルターを呼び出す。パラメータ$guidにはパラメータ$idで取得した投稿情報のGUIDが格納される。
echo apply_filters( 'the_guid', $guid );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

お勧めコンテンツ

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

最終更新日時 : 2015-04-26 17:16