the_permalink

(1.2.0以降)
the_permalink - パーマリンクを表示する

説明

void the_permalink( [ mixed $post = 0 ] )
現在の投稿データのパーマリンクを表示する。

パラメータ

  • $post
    [4.4.0]投稿IDまたは投稿情報(オブジェクト)を指定(省略時は0)。

返り値

返り値はありません。

注意

事前にthe_post関数を使用しておく必要がある。

4.4.0で本関数にパラメータ$postが追加され、'the_permalink'フィルターにも追加された。

使用例

  • パーマリンクを表示する。
    <a href="<?php the_permalink(); ?>" rel="bookmark"><?php the_title(); ?></a>

フィルター

[1.5.0]パーマリンクを表示する直前に'the_permalink'フィルターを呼び出す。パラメータ$permalinkにはget_permalink関数で取得したパーマリンクが格納されている。[4.4.0]パラメータ$postには本関数が受け取った内容が格納されている。
echo esc_url( apply_filters( 'the_permalink', $permalink, $post ) );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

  • esc_url - URL文字列をクリーニングする
  • get_permalink - 投稿情報のパーマリンクを取得する
  • the_post - 投稿データをロードする
  • trackback_url - トラックバックURLを表示する
  • $post - 投稿情報

お勧めコンテンツ

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

最終更新日時 : 2015-12-15 17:05