the_title_attribute

(2.3.0以降)
the_title_attribute - タイトルを表示する

説明

string the_title_attribute ( [ mixed $args = '' ] )
投稿情報のタイトルをパラメータ$argsのecho要素がtrue(デフォルト)ならば表示する。echo要素がfalseの場合は表示せず、取得する。なお、タイトルおよびパラメータ$argsのbefore、after要素にHTMLタグが含まれる場合はそれらを除去される。

パラメータ

  • $args
    the_titleのパラメータ(before、after、echo要素)を文字列、連想配列、オブジェクトのいづれかで指定。

返り値

タイトルが空文字列でなく、パラメータ$argsのecho要素がfalseの場合はタイトルを返す。それ以外の場合は何も返さない。

注意

事前にthe_post関数を使用しておく必要がある。

使用例

  • 文字列パラメータを指定してタイトルを表示する。
    <?php the_title_attribute( 'before=&after=&echo=1' ); ?>
  • 連想配列パラメータを指定してタイトルを表示する。
    <?php the_title_attribute( array( 'before' => '' , 'after' => '' , 'echo' => true ) ); ?>

関連

  • the_post - 投稿データをロードする
  • the_title - タイトルを表示する

お勧めコンテンツ

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

最終更新日時 : 2009-12-17 11:24