the_weekday

(0.71以降)
the_weekday - 投稿日の曜日を表示する

説明

void the_weekday( )
投稿日の曜日を表示する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

返り値はありません。

注意

表示される内容はその地域に応じた曜日(日本の場合は'日曜日'、'月曜日'~'土曜日')となる。

使用例

  • 投稿日の曜日を表示する。
    <?php the_weekday(); ?>

フィルター

曜日を表示する直前にthe_weekdayフィルターを呼び出す。パラメータ$the_weekdayには曜日を示す文字列が格納されている。
$the_weekday = apply_filters('the_weekday', $the_weekday);

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

  • the_date - 投稿データの投稿日を表示する

お勧めコンテンツ

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

最終更新日時 : 2012-01-16 16:14