the_weekday

(0.71以降)
the_weekday - 投稿日の曜日を表示する

説明

void the_weekday( )
投稿日の曜日を表示する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

返り値はありません。

注意

表示される内容はその地域に応じた曜日(日本の場合は'日曜日'、'月曜日'~'土曜日')となる。

使用例

  • 投稿日の曜日を表示する。
    <?php the_weekday(); ?>

フィルター

曜日を表示する直前にthe_weekdayフィルターを呼び出す。パラメータ$the_weekdayには曜日を示す文字列が格納されている。
$the_weekday = apply_filters('the_weekday', $the_weekday);

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

  • the_date - 投稿データの投稿日を表示する

お勧めコンテンツ

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

最終更新日時 : 2012-01-16 16:14