timer_stop

(0.71以降)
timer_stop - タイマー開始時からの経過時間を取得する

説明

string timer_stop( [ int $display = 0 [ , int $precision = 3 ] ] )
タイマー開始時からの経過時間を取得する。

パラメータ

  • $display
    表示する場合は1、表示しない場合は0を指定(省略時は0)。
  • $precision
    小数点以下の桁数を指定(省略時は3)。

返り値

タイマー開始時からの経過時間(秒.マイクロ秒)の文字列を返す(パラメータ$displayが1の場合でも経過時間を返す)。

注意

timer_start関数の呼び出しからの経過時間となる。本関数の呼び出しでタイマーが止まることはなく、何度も呼び出すことができる。

使用例

  • 経過時間を取得する。
    <?php $tic = timer_stop(); ?>
  • 経過時間を表示する。
    <?php timer_stop( 1 ); ?>
  • 経過時間を小数点以下1桁で取得する。
    <?php $tic = timer_stop( 0, 1 ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/load.php

関連

  • number_format_i18n - 数値を1000位毎にグループ化して国際化対応にフォーマットする
  • timer_start - ページリクエスト時からの経過時間を取得する

お勧めコンテンツ

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

最終更新日時 : 2013-11-24 14:58