trackback_url

(0.71以降)
trackback_url - トラックバックURLを表示する

説明

mixed trackback_url( [ bool $deprecated = true ] )
現在の投稿データのトラックバックURLをパラメータ$deprecatedがtrueの場合は表示する。パラメータがfalseの場合は取得する。

パラメータ

  • $deprecated
    トラックバックURLを表示する場合はtrue(省略時)、取得する場合はfalse。

返り値

$deprecatedがfalseの場合はトラックバックURLを返す。trueの場合は何も返さない。

注意

事前にthe_post関数を使用しておく必要がある。パラメータ$deprecatedの使用は推奨されていない。

使用例

  • トラックバックURLを表示する。
    <?php trackback_url( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

最終更新日時 : 2009-12-17 11:40