trailingslashit

(1.2.0以降)
trailingslashit - 末尾にスラッシュを追加する

説明

string trailingslashit( string $string )
末尾にスラッシュ(/)を追加する。

パラメータ

  • $string
    パス名などの文字列を指定。

返り値

パラメータ$stringの末尾にスラッシュを加えた文字列を返す。

注意

パラメータ$stringは一度untrailingslashit関数によって末尾のスラッシュや空白文字が取り除かれる。これにより、パラメータ$stringの末尾がスラッシュで終わっている場合であってもスラッシュが追加されない(スラッシュが連続しない)。

使用例

  • 現在のファイルのあるディレクトリに末尾にスラッシュを追加する。
    <?php $dirpath = trailingslashit( dirname( __FILE__ ) ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

最終更新日時 : 2011-10-05 17:57