trailingslashit

(1.2.0以降)
trailingslashit - 末尾にスラッシュを追加する

説明

string trailingslashit( string $string )
末尾にスラッシュ(/)を追加する。

パラメータ

  • $string
    パス名などの文字列を指定。

返り値

パラメータ$stringの末尾にスラッシュを加えた文字列を返す。

注意

パラメータ$stringは一度untrailingslashit関数によって末尾のスラッシュや空白文字が取り除かれる。これにより、パラメータ$stringの末尾がスラッシュで終わっている場合であってもスラッシュが追加されない(スラッシュが連続しない)。

使用例

  • 現在のファイルのあるディレクトリに末尾にスラッシュを追加する。
    <?php $dirpath = trailingslashit( dirname( __FILE__ ) ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

最終更新日時 : 2011-10-05 17:57