unregister_post_type

(4.5.0以降)
unregister_post_type - 投稿タイプを未登録にする

説明

mixed unregister_post_type( string $post_type )
投稿タイプを未登録にする。

パラメータ

  • $post_type
    投稿タイプ名を指定。

返り値

未登録にできた場合はtrueを返す。未登録にできなかった場合はWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

標準で登録されている登録タイプは未登録にできない。

使用例

  • 'my_post'を未登録にする。
    <?php unregister_post_type( 'my_post' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

[4.5.0]未登録処理を終わった後で'unregistered_post_type'アクションを実行する。パラメータ$post_typeは登録タイプ名が格納されている。
do_action( 'unregistered_post_type', $post_type );

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

最終更新日時 : 2016-05-23 13:41