unregister_post_type

(4.5.0以降)
unregister_post_type - 投稿タイプを未登録にする

説明

mixed unregister_post_type( string $post_type )
投稿タイプを未登録にする。

パラメータ

  • $post_type
    投稿タイプ名を指定。

返り値

未登録にできた場合はtrueを返す。未登録にできなかった場合はWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

標準で登録されている登録タイプは未登録にできない。

使用例

  • 'my_post'を未登録にする。
    <?php unregister_post_type( 'my_post' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

[4.5.0]未登録処理を終わった後で'unregistered_post_type'アクションを実行する。パラメータ$post_typeは登録タイプ名が格納されている。
do_action( 'unregistered_post_type', $post_type );

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

最終更新日時 : 2016-05-23 13:41