unregister_post_type

(4.5.0以降)
unregister_post_type - 投稿タイプを未登録にする

説明

mixed unregister_post_type( string $post_type )
投稿タイプを未登録にする。

パラメータ

  • $post_type
    投稿タイプ名を指定。

返り値

未登録にできた場合はtrueを返す。未登録にできなかった場合はWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

標準で登録されている登録タイプは未登録にできない。

使用例

  • 'my_post'を未登録にする。
    <?php unregister_post_type( 'my_post' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

[4.5.0]未登録処理を終わった後で'unregistered_post_type'アクションを実行する。パラメータ$post_typeは登録タイプ名が格納されている。
do_action( 'unregistered_post_type', $post_type );

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

最終更新日時 : 2016-05-23 13:41