unregister_post_type

(4.5.0以降)
unregister_post_type - 投稿タイプを未登録にする

説明

mixed unregister_post_type( string $post_type )
投稿タイプを未登録にする。

パラメータ

  • $post_type
    投稿タイプ名を指定。

返り値

未登録にできた場合はtrueを返す。未登録にできなかった場合はWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

標準で登録されている登録タイプは未登録にできない。

使用例

  • 'my_post'を未登録にする。
    <?php unregister_post_type( 'my_post' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

[4.5.0]未登録処理を終わった後で'unregistered_post_type'アクションを実行する。パラメータ$post_typeは登録タイプ名が格納されている。
do_action( 'unregistered_post_type', $post_type );

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加しました。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2016-05-23 13:41