update_comment_meta

(2.9.0以降)
update_comment_meta - コメントメタ情報の値を更新する

説明

bool update_comment_meta( int $comment_id, string $meta_key, mixed $meta_value [ , mixed $prev_value = '' ] )
コメントメタ情報の値を更新する。

パラメータ

  • $comment_id
    コメントIDを指定。
  • $meta_key
    コメントメタ情報のキー名を指定。
  • $meta_value
    コメントメタ情報のキー名に対応する値を指定。
  • $prev_value
    コメントメタ情報のキー名に対応する前の値を指定(省略時は'')。

返り値

コメントメタ情報の値を更新した場合はtrueを、失敗した場合はfalseを返す。

注意

使い方は投稿情報のメタ情報を更新するupdate_post_meta関数と同じ。キー名で指定したコメントメタ情報が存在しない場合は追加され、すでに存在する場合はそのコメントメタ情報の値が更新される。必ずコメントメタ情報を追加する場合は、add_comment_meta関数を使用すること。

なお、同じキー名のコメントメタ情報は、パラメータ$prev_valueを指定することで、更新対象のコメントメタ情報を絞り込める。

使用例

  • コメントIDが2014で、キー名が'judge'の値として10を設定する。
    <?php update_comment_meta( 2014, 'judge', 10 ); ?>
  • コメントIDが2014で、キー名が'judge'、直前の値が9のコメントメタ情報の値を10に変更する。
    <?php update_comment_meta( 2014, 'judge', 10, 9 ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment.php

関連

お勧めコンテンツ

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

最終更新日時 : 2014-03-09 12:54