update_network_option

(4.4.0以降)
update_network_option - ネットワークオプションを更新する

説明

bool update_network_option( int $network_id, string $option, mixed $value )
ネットワークオプション(サイトオプション)を更新する。

パラメータ

  • $network_id
    ネットワークID(サイトID)を指定。
  • $option
    オプション名を指定。
  • $value
    オプション値を指定。

返り値

ネットワークオプションを更新した場合はtrueを、更新しなかった場合はfalseを返す。

注意

バージョン4.4.0でupdate_site_option関数の機能(フィルターを含む)を引き継いだ関数で、update_site_option関数はこの関数のラッパー関数となっている。バージョン4.4.0およびバージョン4.7.0で各フィルター・アクションのパラメータが追加されている。

本関数はマルチサイト向けで一般的なシングルサイトで使用された場合はupdate_option関数が呼び出される。

パラメータ$network_idがnullの場合は現在のネットワーク(サイト)が対象となる。

'pre_update_site_option__{$option}'フィルターの返り値が更新前の値と同じ場合は、以降の処理は行われずfalseを返す。

使用例

  • 現在のネットワークのオプション'myplugin_properties'の値を更新する。
    <?php update_network_option( null, 'myplugin_properties' ); ?>
  • ネットワークIDが2のオプション'myplugin_properties'の値を更新する。
    <?php update_network_option( 2, 'myplugin_properties', $new_properties ); ?>

フィルター

[2.9.0]更新の前段階で現在のオプション値を取得しておりその直後に'pre_update_site_option_{$option}'フィルターを呼び出す。パラメータ$valueには本関数が受け取った値が、$old_valueには現在のオプション値が、$optionには本関数が受け取った同名の変数の値が、$network_idには本関数が受け取った同名の変数をint型でキャストした値が格納されている。
$value = apply_filters( "pre_update_site_option_{$option}", $value, $old_value, $option, $network_id );

アクション

[2.9.0]オプション値を更新した場合に'update_site_option_{$option}'アクションを呼び出す。パラメータ$optionおよび$valueには本関数が受け取った値が、$old_valueには更新前のオプションの値が、$network_idには本関数が受け取った同名の変数をint型でキャストした値が格納されている。
do_action( "update_site_option_{$option}", $option, $value, $old_value, $network_id );
[3.0.0]上記のアクション後に'update_site_option'アクションを呼び出す。パラメータ$optionおよび$valueには本関数が受け取った値が、$old_valueには更新前のオプションの値が、$network_idには本関数が受け取った同名の変数をint型でキャストした値が格納されている。
do_action( 'update_site_option', $option, $value, $old_value, $network_id );

ソースファイル

/wp-includes/option.php

関連

お勧めコンテンツ

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

最終更新日時 : 2017-03-23 12:02