update_network_option

(4.4.0以降)
update_network_option - ネットワークオプションを更新する

説明

bool update_network_option( int $network_id, string $option, mixed $value )
ネットワークオプション(サイトオプション)を更新する。

パラメータ

  • $network_id
    ネットワークID(サイトID)を指定。
  • $option
    オプション名を指定。
  • $value
    オプション値を指定。

返り値

ネットワークオプションを更新した場合はtrueを、更新しなかった場合はfalseを返す。

注意

バージョン4.4.0でupdate_site_option関数の機能(フィルターを含む)を引き継いだ関数で、update_site_option関数はこの関数のラッパー関数となっている。バージョン4.4.0およびバージョン4.7.0で各フィルター・アクションのパラメータが追加されている。

本関数はマルチサイト向けで一般的なシングルサイトで使用された場合はupdate_option関数が呼び出される。

パラメータ$network_idがnullの場合は現在のネットワーク(サイト)が対象となる。

'pre_update_site_option__{$option}'フィルターの返り値が更新前の値と同じ場合は、以降の処理は行われずfalseを返す。

使用例

  • 現在のネットワークのオプション'myplugin_properties'の値を更新する。
    <?php update_network_option( null, 'myplugin_properties' ); ?>
  • ネットワークIDが2のオプション'myplugin_properties'の値を更新する。
    <?php update_network_option( 2, 'myplugin_properties', $new_properties ); ?>

フィルター

[2.9.0]更新の前段階で現在のオプション値を取得しておりその直後に'pre_update_site_option_{$option}'フィルターを呼び出す。パラメータ$valueには本関数が受け取った値が、$old_valueには現在のオプション値が、$optionには本関数が受け取った同名の変数の値が、$network_idには本関数が受け取った同名の変数をint型でキャストした値が格納されている。
$value = apply_filters( "pre_update_site_option_{$option}", $value, $old_value, $option, $network_id );

アクション

[2.9.0]オプション値を更新した場合に'update_site_option_{$option}'アクションを呼び出す。パラメータ$optionおよび$valueには本関数が受け取った値が、$old_valueには更新前のオプションの値が、$network_idには本関数が受け取った同名の変数をint型でキャストした値が格納されている。
do_action( "update_site_option_{$option}", $option, $value, $old_value, $network_id );
[3.0.0]上記のアクション後に'update_site_option'アクションを呼び出す。パラメータ$optionおよび$valueには本関数が受け取った値が、$old_valueには更新前のオプションの値が、$network_idには本関数が受け取った同名の変数をint型でキャストした値が格納されている。
do_action( 'update_site_option', $option, $value, $old_value, $network_id );

ソースファイル

/wp-includes/option.php

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilder 2.3.0の新機能を紹介(2017年8月31日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」はログイン時の履歴(ログ)や不正なログインページへのアクセス履歴を保存している。これらの履歴情報はダッシュボートで確認できるが、バージョン2.3.0においてそれぞれがダウンロードできるようになった。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

最終更新日時 : 2017-03-23 12:02