update_network_option

(4.4.0以降)
update_network_option - ネットワークオプションを更新する

説明

bool update_network_option( int $network_id, string $option, mixed $value )
ネットワークオプション(サイトオプション)を更新する。

パラメータ

  • $network_id
    ネットワークID(サイトID)を指定。
  • $option
    オプション名を指定。
  • $value
    オプション値を指定。

返り値

ネットワークオプションを更新した場合はtrueを、更新しなかった場合はfalseを返す。

注意

バージョン4.4.0でupdate_site_option関数の機能(フィルターを含む)を引き継いだ関数で、update_site_option関数はこの関数のラッパー関数となっている。バージョン4.4.0およびバージョン4.7.0で各フィルター・アクションのパラメータが追加されている。

本関数はマルチサイト向けで一般的なシングルサイトで使用された場合はupdate_option関数が呼び出される。

パラメータ$network_idがnullの場合は現在のネットワーク(サイト)が対象となる。

'pre_update_site_option__{$option}'フィルターの返り値が更新前の値と同じ場合は、以降の処理は行われずfalseを返す。

使用例

  • 現在のネットワークのオプション'myplugin_properties'の値を更新する。
    <?php update_network_option( null, 'myplugin_properties' ); ?>
  • ネットワークIDが2のオプション'myplugin_properties'の値を更新する。
    <?php update_network_option( 2, 'myplugin_properties', $new_properties ); ?>

フィルター

[2.9.0]更新の前段階で現在のオプション値を取得しておりその直後に'pre_update_site_option_{$option}'フィルターを呼び出す。パラメータ$valueには本関数が受け取った値が、$old_valueには現在のオプション値が、$optionには本関数が受け取った同名の変数の値が、$network_idには本関数が受け取った同名の変数をint型でキャストした値が格納されている。
$value = apply_filters( "pre_update_site_option_{$option}", $value, $old_value, $option, $network_id );

アクション

[2.9.0]オプション値を更新した場合に'update_site_option_{$option}'アクションを呼び出す。パラメータ$optionおよび$valueには本関数が受け取った値が、$old_valueには更新前のオプションの値が、$network_idには本関数が受け取った同名の変数をint型でキャストした値が格納されている。
do_action( "update_site_option_{$option}", $option, $value, $old_value, $network_id );
[3.0.0]上記のアクション後に'update_site_option'アクションを呼び出す。パラメータ$optionおよび$valueには本関数が受け取った値が、$old_valueには更新前のオプションの値が、$network_idには本関数が受け取った同名の変数をint型でキャストした値が格納されている。
do_action( 'update_site_option', $option, $value, $old_value, $network_id );

ソースファイル

/wp-includes/option.php

関連

お勧めコンテンツ

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

最終更新日時 : 2017-03-23 12:02